大分県、「アバター」を活用したインバウンド向け観光PRをマレーシア・クアラルンプールで実施

大分県、「アバター」を活用したインバウンド向け観光PRをマレーシア・クアラルンプールで実施

ターゲットは旅マエの訪日マレーシア観光客

大分県は、豊後高田市観光まちづくり株式会社が運営する昭和のテーマパーク「昭和ロマン蔵」、ならびに株式会社サンリオエンターテイメントが運営するサンリオキャラクターのテーマパーク「ハーモニーランド」にアバターを配置し、マレーシアから遠隔見学する観光PRを実施しました。

インバウンド向け観光PR

インバウンド向け観光PR

マレーシアから大分県内の観光地を見学体験

今回実施したインバウンド向け観光PRでは、マレーシア・クアラルンプールで開催されたJNTO(日本政府観光局)主催の一般消費者向け日本旅行フェア「Japan Travel Fair 2019」と、県内2カ所に配置した、移動・コミュニケーション型のアバター「Beam Pro(ビームプロ)」をつなぎました。

来場客は、展示会ブースのパソコンから昭和の町「昭和ロマン蔵」「ハーモニーランド」に配置されたアバターを操作し、映像や音声を通した遠隔による観光を体験。

昭和の町「昭和ロマン蔵」では、県国際政策課の国際交流員がガイドをつとめ、来場客に昭和の博物館内を見学してもらい、「ハーモニーランド」では、パレードを楽しんでもらったといいます。

県では、現在、ANAホールディングス株式会社などと共に、遠隔操作ロボット「アバター」の実用化に向けたプロジェクトを推進中です。今回の観光PRはこの取り組みの一環。この機会を通じ、是非ともマレーシアからのインバウンド誘客を図りたい考えです。

(画像はプレスリリースより)

まずは知ってもらう!旅マエに有効なインバウンド集客を資料で詳しくみてみる

「インバウンド動画プロモーション」を資料で詳しくみてみる

「SNSを活用したプロモーション」を資料で詳しくみてみる

「インフルエンサーマーケティング」を資料で詳しくみてみる

「広告プロモーション」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

大分県 プレスリリース
http://www.pref.oita.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。