クルーズ船の寄港回数は過去最高!国交省、昨年の訪日クルーズに関する速報値を発表

クルーズ船の寄港回数は過去最高!国交省、昨年の訪日クルーズに関する速報値を発表

寄港地に多くのインバウンドが一気に来訪

国土交通省は、「2018年(1月~12月)の訪日クルーズ旅客数とクルーズ船の寄港回数(速報値)」を発表しました。

2018年の訪日クルーズ旅客数とクルーズ船の寄港回数

2018年の訪日クルーズ旅客数とクルーズ船の寄港回数

目標は来年の訪日クルーズ旅客500万人

昨年の訪日クルーズ旅客数は、244万6,000人と、前年比3.3%減となりました。方面別に見ると、最大のシェアを持つ中国発の訪日クルーズ旅客が、202万人(対前年比7.0%減)と大きく減少したことが判明。

しかし、日本発着クルーズで入国した訪日クルーズ旅客は、7万3,000人(対前年比43.1%増)と増加し、台湾発の訪日クルーズ旅客も31万人(対前年比12.7%増)、世界一周クルーズ等で入国したクルーズ旅客も4万3,000人(対前年比43.3%増)という結果でした。

一方、クルーズ船の寄港回数は、前年比5.9%増の 2,928回(外
国船社1,913回、日本船社1,015回)となり、クルーズ船の寄港回数は過去最高を記録したといいます。

クルーズ船来航のメリットは、地方創生に大きく貢献すること。すなわち、寄港地を中心に一度に多くの観光客が訪れるため、グルメ、ショッピングなど地域での消費が生まれるとともに、インバウンドとの交流にもつながります。

国土交通省では、「訪日クルーズ旅客を2020年に500万人」の目標を掲げています。今後、官民連携による国際クルーズ拠点の形成、クルーズ船受け入れ環境整備等、訪日クルーズ旅客数、クルーズ船寄港回数の増加に向けた取り組みを、さらに進めていく方針です。

(画像は国土交通省のホームページより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

国土交通省 プレスリリース
http://www.mlit.go.jp/common/001268599.pdf

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部がセレクトした、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。