インバウンド経済効果とは?成功のために押さえるべき3つのポイント

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

近年「インバウンド」の語が一般に定着し、「インバウンド経済効果」「インバウンド対策」などの言葉も多く使われるようになりました。

インバウンド業界は高い成長率が続いています。訪日外国人の増加により地方の観光スポットが活性化すれば、地方創生にも結びつくでしょう。

この記事では、年々加速するインバウンド消費が日本経済に与える効果と、インバウンドを成功させるために必要なポイントを確認していきます。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

2017年の国別訪日外国人の割合と消費額

訪日外国人観光客の消費傾向を掴む

観光庁によると、2017年の国別訪日外国人観光客のなかで、消費金額がもっとも高かったのは中国で、その消費額は1兆6,946億円にものぼります。先にも述べた通り訪日外国人全体の消費額が4兆4,162億円であるため、中国だけで4分の1以上を占めているということがわかります。

  • 1位:中国 1兆6,946億円
  • 2位:台湾 5,744億円
  • 3位:韓国 5,126億円
  • 4位:香港 3,415億円
  • 5位:アメリカ 2,503億円

インバウンドの経済効果は?

日本では2020年には65歳以上の高齢者が3,000万人を超えると予想されており、超高齢化社会の波が押し寄せています。少子高齢化によって労働者人口が徐々に減っていき、日本国民の消費量は低下してしまいます。

そんな日本経済を支えているのが訪日外国人観光客の存在です。インバウンドによる日本国内での消費はこれからも進むことが予想され、日本にもたらす経済効果は高いと言って間違いはないでしょう。

観光・接客・ブライダルさまざまな業界でのインバウンドによる経済効果が期待でき、近年では観光業、小売業、サービス業でインバウンドに力を入れているところも増えています。

インバウンドで成功するためにおさえるべき3つのポイント

1. 多言語化・外国語対応

観光庁が発表したデータによると、訪日外国人が日本で困ったこと」として「無料公衆無線LAN環境」に続き「コミュニケーション」が第2位になったということです。また、対話コミュニケーションの補助の役割を担う「多言語表示」に関しても不満の声が多く集まっています。

ウェブサイトを多言語化する流れは以前からあり、現在は日本語以外の言語で閲覧できるウェブサイトも多くなってきています。しかし、対面でのコミュニケーションとなると飲食店をはじめとしてまだ多言語対応が十分でないところが多いのが現状です。

外国語でのコミュニケーションは訪日外国人を受け入れるうえで必須といってもよいでしょう。数あるインバウンド対応のなかでももっとも早急な対策が求められます。

2. 支払い方法の多様化

海外は日本に比べてキャッシュレス化が進んでいるため、クレジットカードで支払いをしたいという訪日外国人は非常に多くいます。また、WeChatPay(ウィーチャットペイ) 」や「Alipay(アリペイ)」などの中国の決済サービスも普及し、最近は支払い方法のニーズが多様化してきています。

まだ現金以外の支払い方法を導入していない場合、中国人観光客が多く訪れる店であればWeChatPayやAlipay、欧米豪の観光客が多いのであればクレジットカード、というようにニーズを把握して整備を進めることが重要です。

3. Wi-Fi環境の整備

ここ数年は、駅構内やホテルのラウンジ、カフェ、居酒屋など公共で使える無料のWi-Fiサービスが充実していますが、それでもまだまだ少ないという問題があります。Wi-Fi環境を整備すれば訪日外国人にとって利便性向上になるうえ、フリーWi-Fiが使える場所」ということで店舗や企業の付加価値にもなります。

「日本ならではの体験」を提供することも重要

インバウンドで勝ち残っていくためには、訪日外国人観光客が不便に感じる点を改善するとともに、日本でしか体験できないサービスを提供していくことが必要不可欠です。

できることから一つ一つ施策を行っていきましょう。

<参照>

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

日本のインバウンド事業者が知らない「中国現地の最新旅行トレンド」


コロナ禍の収束後、インバウンド需要が順調に回復を続ける中、唯一回復が大きく遅れていた中国市場。

一方、ここ数か月の間は訪日中国人客数が順調に回復してきており、訪日旅行消費額も2024年1〜3月期では台湾を抜き、1位となったことがわかっています。

今、中国市場がどのような動向になっていて、今後どうなっていくのか、気になっている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は訪日ラボから、複数の中国SNSで在日中国人インフルエンサーとしても活動中の熊 孟華(ユウ モウカ)と、中国最大級の店舗・施設検索プラットフォーム「大衆点評」などを活用した中国向けプロモーションのコンサルティングを行う金子 泰士が登壇。

中国SNSや訪日プロモーションの「プロ」である2人が、気になる中国市場の最新トレンドについて語り尽くすセミナーをお届けします。

中国向けのインバウンドプロモーションに取り組んでいる方や、これから取り組もうとしている方は必見です!

詳しくはこちらをご覧ください
日本のインバウンド事業者が知らない「中国現地の最新旅行トレンド」

【インバウンド情報まとめ 2024年4月】3月訪日外国人数「300万人」突破 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年4月版レポートから、3月〜4月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。
3月訪日外国人数「300万人」突破 / 2月の世界航空需要、コロナ前から完全回復【インバウンド情報まとめ 2024年4月】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる4月から観光・インバウンドに関わる仕事に就いたり、関連部署へ異動となり、知識のインプットに追われていませんか? また、より一層事業を推進するために必要な学び直しの機会を設ける担当者も増えてきております。
このセミナーでは、
新担当になって、インバウンドの何から始めたらいいか分からない
インバウンド推進が本格化し、改めて情報やノウハウを学び直したい
そもそもインバウンドに興味があるが、情報を収集できていない
方にとって必要な基礎情報と、知っておきたい新情報をお届けする機会となっております!
詳しくはこちらをご覧ください。
→4月までに学んでおきたい!【基礎から始めるインバウンド対策】 〜ラーチーゴー & ジャパンガイドが教える市場別最新データ〜

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに