外国人向けインターネットサービスの自動販売機、QRコード決済OK!

外国人向けインターネットサービスの自動販売機、QRコード決済OK!

自販機でのSIM購入がキャッシュレス化

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社は2月13日、訪日外国人向けに提供するプリペイド式SIMカードの自動販売機に、QRコード決済を導入すると発表。まずは大阪国際空港に設置されます。

「Prepaid LTE SIM」自動販売機のQRコード決済機能

「Prepaid LTE SIM」自動販売機のQRコード決済機能

2月13日より大阪国際空港に設置

同社は、外国人旅行者向けのインターネットサービス「Prepaid LTE SIM」を提供、国内の空港や駅、観光地などに自動販売機で販売しています。

その自動販売機にQRコード決済機能の導入を開始すると発表しました。2月13日より大阪国際空港に設置され、次いで福岡空港、成田空港にも設置される予定です。

QRコード決済での購入は、希望商品を選択後「WeChatPay」または「Alipay」から決済方法を選びます。アプリを起動して画面に表示されたQRコードをスキャンすると決済が完了し、商品を取り出せる仕組みになっています。

日本に来たらすぐ購入、手軽にネットを楽しめる

言語は日本語、英語、中国語(簡体中文、繁体中文)、韓国語、タイ語に対応しています。

自動販売機は、日本到着直後に購入できること、コミュニケーションの手間がなく便利であることから、多くの訪日外国人に利用されています。今回のQRコード決済は、主に中国人訪日観光客のニーズに応えるものです。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド最大の中国市場は「旅マエ」にアプローチするのが重要!おすすめのインバウンド対策を資料で詳しくみてみる

「中国向けインフルエンサープロモーション」を資料で詳しくみてみる

「中国向け広告運用」サービスを資料で詳しくみてみる

「Wechatを活用したプロモーション」を資料で詳しくみてみる

「Weiboを活用したプロモーション」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

ソニーネットワークコミュニケーションズのプレスリリース
https://www.sonynetwork.co.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部がセレクトした、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。