2019年春節 人気急上昇の旅行先トップ5が発表 1位は熊本県に

2019年春節 人気急上昇の旅行先トップ5が発表 1位は熊本県に

前年からの伸び率が高い国内エリアを割り出す

スカイスキャナージャパン株式会社は、2019年2月5日、ランキング『2019年春節 訪日旅行(インバウンド)で人気急上昇の旅行先トップ5』を発表しました。

同社は、国内外における航空券・ホテル・レンタカーの比較検索サービスを提供している企業。同ランキングでは、春節(旧正月)期間中における「アジア8エリア発・日本行き」往復航空券の予約状況から、前年からの伸び率が高い国内エリアを割り出しています。

スカイスキャナー

スカイスキャナー

1位は、前年比プラス97.4%の熊本県

同ランキングで1位となったのは、前年比プラス97.4%という大きな伸びを見せた熊本県でした。この伸びの要因についてスカイスキャナーは、香港のLCC・香港エクスプレスが2018年5月に熊本・香港線を定期便化した点を指摘。アクセス向上により香港からの予約が伸張し、大幅な伸びにつながったと考察しています。

2位には、プラス64.7%の予約増により愛媛県がランクインしました。日本最古の温泉といわれる「道後温泉」などを擁する同県は、訪日客からも高い人気を獲得。2018年10月にはチェジュ航空の松山・ソウル線が増便しており、スカイスキャナーでは韓国在住者による予約が最も高い伸張率を見せたそうです。

四国観光のハブとして利用されている香川県

3位には、プラス23.1%の伸びを見せた香川県が入りました。同県の高松空港では、ソウル・上海・台北・香港の4路線が運航しており、四国観光のハブとして利用されているといいます。また2018年10月には、韓国のLCC・エアソウルが高松-ソウル線を毎日運航へ増便。韓国からの予約が最も増加したそうです。

なお4位には、台湾の利用者による予約が好調な宮城県がランクイン。 5位には、韓国在住者の予約が順調に伸びた宮崎県が入りました。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

「2019年春節 訪日旅行(インバウンド)で人気急上昇の旅行先トップ5」を発表 - スカイスキャナージャパン株式会社
https://www.skyscanner.jp/press-releases/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部がセレクトした、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。