東武鉄道、観光情報サイト内にムスリム向けの観光案内ページを新設

東武鉄道、観光情報サイト内にムスリム向けの観光案内ページを新設

訪日外国人観光客の利便性・快適性をさらに向上

2019年2月26日、東武鉄道株式会社は、沿線観光情報サイト「TOBU JAPAN TRIP」内において、ムスリム向けの観光案内ページ(以下、同観光案内ページ)を新設すると発表しました。

同観光案内ページの新設は、同社沿線に来訪する訪日外国人観光客への情報発信強化を目的として実施します。

同社グループは、これまでも、東武ワールドスクウェア内や東武日光駅に祈祷室を設置し、日光金谷ホテル・中禅寺金谷ホテルにおいてムスリム向けメニューを提供する他、ミスインドネシア招聘・プロモーションビデオを制作するなど、ムスリム受け入れに取り組んできました。

また、2019年3月には、日光・鬼怒川エリアを紹介した「NIKKO GUIDE MAP for MUSLIMS」を、英語版に加えて、新たにインドネシア語版を作成するなど、さらなる訪日外国人観光客の受け入れ環境整備を推進していくとしています。

ムスリム向け観光案内ページ

ムスリム向け観光案内ページ

「TOBU JAPAN TRIP」ムスリム向けの観光案内ページ概要

同観光案内ページは、同社沿線の掲載エリア(日光、川越、佐野・足利、台東区)ごとに、観光スポット、祈祷室、ムスリム向けメニュー提供飲食店・お土産店等の施設を紹介します。

また、一泊モデルコース(日光エリア)、日帰りモデルコース(日光、川越、佐野・足利エリア)の紹介やアクセスなども掲載します。

さらに、台東区および両毛ムスリムインバウンド推進協議会の協力により、「TOKYO ASAKUSA/UENO/YANAKA MAP for MUSLIMS」、「SANO MAP FOR MUSLIMS」の情報も掲載し、各エリアの情報提供の充実を図ります。

(画像はプレスリリースより)

顧客満足度を上げる!旅ナカに有効なインバウンド対応を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「バイリンガル採用・派遣」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

東武鉄道 ニュースリリース
http://www.tobu.co.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!