岩手銀行と凸版印刷、外国人観光客等のキャッシュレス環境整備に向け連携

岩手銀行と凸版印刷、外国人観光客等のキャッシュレス環境整備に向け連携

中国からの観光客増加を観光消費につなげる

2019年2月19日、株式会社岩手銀行(以下、岩手銀行)と凸版印刷株式会社(以下、凸版印刷)は、国内外からの観光客の来訪を地域経済の活性化につなげるため、キャッシュレス環境整備に向けた連携を行うと発表しました。

岩手県では、1月30日より花巻~上海便が就航するため、中国人観光客が増加すると見込まれていますが、観光消費を促進するために喫緊の課題となっているのが、Alipay(アリペイ)、WeChat Pay(ウィーチャットペイ)などの中国人向けキャッシュレス環境を整えることです。

なお、AlipayおよびWeChat Payは、利用者がスマートフォンの各専用アプリで表示されるQRコードを提示すると、店舗の読み取り装置で読み込まれ、支払いが完了します。

また、Origami Payは、利用者が店舗のタブレットに表示されたQRコードをスマートフォンで読み取る等により、支払いが完了します。

一方、インバウンドCLS(Card Linked Service)は、訪日外国人に対して、日本国内の店舗に来訪を促進するサービスで、海外銀行のWebサイト等に加盟店舗の広告が掲載され、利用者は、Mastercardクレジットカードで決済すると、一定のキャッシュバック金額を受け取ることができます。

連携スキーム

連携スキーム

連携の概要

同県内最大の金融機関である岩手銀行は、県内や近隣地域の観光関連事業者に多くのネットワークを保有しており、地域経済の活性化に貢献できます。

一方、凸版印刷は、決済サービスや訪日外国人向け多言語コミュニケーションなど、多彩なサービスラインナップを提供しています。

今回は、2019年2月18日より、Alipay・WeChat Pay・Origami Pay・インバウンドCLSのキャッシュレス関連サービス普及に関して連携し、キャッシュレス環境を整備します。

キャッシュレス決済を軸にした店舗に送客するサービスを提供することで、同県における観光消費が拡大し、観光地域づくりによる地方創生が推進すると期待されます。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

凸版印刷 ニュースルーム
https://www.toppan.co.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。