名鉄が「昇龍道フリーバスきっぷ」4月リニューアル 能登半島へのアクセス向上

名鉄が「昇龍道フリーバスきっぷ」4月リニューアル 能登半島へのアクセス向上

インバウンドを中部地方へ積極的に誘客

名古屋鉄道(以下、名鉄)は、これまで台湾や香港など、東アジア諸国を中心に多くの外国人観光客に利用されてきた「昇龍道フリーバスきっぷ」をリニューアルし、4月1日から発売します。

「昇龍道フリーバスきっぷ」をリニューアル

「昇龍道フリーバスきっぷ」をリニューアル

郡上八幡や能登半島へのアクセスがより便利に


昇龍道(ドラゴンルート)とは、中部・北陸地方を南から北へと縦断する新しい旅の観光ルートのこと。富山県・石川県・ ... 富山県・石川県・福井県・長野県・岐阜県・静岡県・愛知県・三重県・滋賀県の9県が含まれており、訪日外国人の観光誘致プロジェクトを各県共同で進めています(詳細は動画を参照)。



「昇龍道フリーバスきっぷ」は、昇龍道エリアの観光拠点を結ぶ高速バス、および路線バスのフリーきっぷと、空港アクセスをセットにしたものです。

今回のリニューアルでは、すでに発売中の「高山・白川郷・金沢コース」および「ワイドコース」に路線が追加。

名古屋から、「郡上踊り」や「食品サンプル作り」などが外国人旅行者にも人気の郡上八幡へと行ける路線が拡大。また、金沢からは穴水・輪島・珠洲への路線が追加されます。

近年、インバウンドの個人旅行・地方分散化が進んでいます。名鉄では、このリニューアルにより、インバウンドの新規誘客を図るほか、リピーター獲得も目指すとのことです。

(画像はプレスリリースより)

顧客満足度を上げる!旅ナカに有効なインバウンド対応を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「バイリンガル採用・派遣」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

名古屋鉄道株式会社 プレスリリース
https://www.meitetsu.co.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!