ホテルの部屋に設置 レンタルスマホに外国人向け観光情報発信サービス開始

ホテルの部屋に設置 レンタルスマホに外国人向け観光情報発信サービス開始

D2C Xとhi Japanが提携

株式会社D2C Xは3月13日、hi Japan 株式会社と提携したと発表。ホテルのスマートフォンレンタルを活用して観光情報を配信することで、訪日外国人が観光情報をスムーズかつシンプルに行えるようになります。

「D2C X」✕「hi Japan」

「D2C X」✕「hi Japan」

室内のレンタルスマホで情報取得

提携では、hi Japanのホテルで使えるスマートフォンレンタル「handy」に、D2C Xが運営する観光メディア「tsunagu Japan」のコンテンツを提供するというものです。

外国人観光客の情報取得を室内のスマホ1つで行えるようになり、外国人の利便性と観光促進、消費拡大に寄与します。

「tsunagu Japan」は、訪日外国人観光客に特化した観光情報メディア。日本語はなく、英語、繁体字、簡体字、タイ語の4言語に対応。特に繁体字圏に利用されており、アクセス全体の5割を占めています。

レストランやお土産情報、おすすめの観光コースなど、ネイティブスタッフが外国人視点で編集し、オリジナル記事をWEBサイトやSNSを通じて配信しています。

電話・インターネット無料のサービス

一方「handy」は、ホテルの客室に設置され、無料で使えるスマートフォンです。国際・国内電話やインターネットの利用を始め、ホテル周辺の観光・グルメ情報などが閲覧できます。15言語に対応、国内で1,700の施設に導入される予定です。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社D2C Xのプレスリリース
https://www.d2cx.co.jp/news-11/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!