あのタイムズも決済に参入/クレカと電子マネーを一括導入「Times Pay」で国内外のお客様をキャッチ!

近頃、訪日外国人の関心は団体旅行から個人旅行へシフトしており、レンタカーを利用する人も増えています。時間貸しの駐車場に車を停めて、周辺を散策する旅行者も少なくありません。

そのせいか日本人にも知られていない場所がSNSで拡散され、ある日突然、世界的な観光地として有名になり、外国人が押し寄せるような事例もちらほら出ています。


優先すべきはどの手段?

現状では顧客が日本人に限られており、インバウンド対策の必要性を感じないという経営者の方は多いと思います。しかし政府は消費増税にあわせたポイント還元施策を検討しています。今キャッシュレス決済の導入を検討しているのであれば、日本人顧客へのサービス向上を主軸に、サブテーマとして訪日外国人のニーズをカバーできる決済手段を用意すると良いでしょう。

現在国内ではクレジットカードや電子マネーに加えてQRコード決済が広まりつつあります。しかしQRコード決済を利用する訪日外国人の多くは中国人のため、それ以外の国をカバーできません。一方、Suicaに代表される交通系電子マネーは電車やバスを利用する外国人が買い求めており、国籍を問わない点でもメリットが見込めます。

主要な国際ブランドに対応しておけば、クレジットカードも世界中の人に使ってもらえる決済手段です。以上のことからインバウンドを視野に入れたキャッシュレス対策としては、交通系電子マネーとクレジットカードの導入を優先すべきでしょう。

キャッシュレスを導入するならTimes Payがおすすめ


クレジットカードを導入する場合、かつては各ブランドと個別に契約を結ばなければなりませんでしたが、近年は複数のブランドを1契約で使える決済サービスが増えています。クレジットカードや電子マネーは種類が多く、入金のタイミングがバラバラになると管理に手間がかかるので、一括契約できるサービスを賢く利用しましょう。

現状では日本人顧客がメインで、外国人客が少ないお店にはTimes Payがおすすめです。コインパーキング大手のタイムズが提供するモバイル決済サービスで、1契約でクレジットカードと電子マネーが使えるようになります。

今後はタイムズ駐車場を利用すると付与されるTimesポイントとの連携も計画されています。近隣にタイムズ駐車場があるのなら、イムズポイントの会員をターゲットにした販促ができる可能性も含んでおり、その将来性にも期待したいところです。

幅広いブランドがまとめて使えるように

Times Payで使えるクレジットカードは、Visaやmasterに代表される6大国際ブランド全てです。モバイル決済サービスの多くは1活払いしか使えないことが多いのですが、Times Payならブランドによって分割やリボ払いの受付できます。電子マネーは交通系電子マネーのほか、スーパーやコンビニでよく使われているnanacoとWAONが使えます。

機器の準備はすべてお任せ

従来はクレジットカードと電子マネーそれぞれに専用端末が必要でしたが、Times Payは1台のカードリーダーで対応できます。コードレスなのでレジまわりもスッキリ片付き、お客様の目が気になりません。

気になる初期費用とランニングコスト

決済に必要となるカードリーダーとレシートプリンタは25,000円で購入し、タブレットは月額1,500円(通信費込み)でレンタルします。ただし現在はキャンペーンを実施中なので、新規申し込みの場合は実質0円で機器を用意でき、レンタル費用も1年間無料で使えるのが魅力です。

決済手数料はブランドによって異なります。クレジットカードの場合Visaとmasterは3.24%、JCB・アメックス・discover・ダイナースは3.74%~となっており、審査で料率が変動する可能性があります。電子マネーは一律3.24%です。

まとめ

時代の変化がめまぐるしい昨今、将来を見据えた対策ができるかどうかは、ビジネスの成功を左右します。目の前のお客様へのサービス向上を図りつつ、未来の顧客へのアピールポイントが作れるTimes Payは、将来への投資としても有益と言えるでしょう。


関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!