中国語「いらっしゃいませ」の発音と書き方 | 類出の接客フレーズ10選

ここ数年、日本の主要な観光地では中国語が飛び交っています。日本の観光ビザの緩和によって、中国からの観光客はかつてないほど増えました。

日本政府観光局の統計によると、2018年の訪日外国人のうちトップを占めるのは中国で、前年比8.7%増の838万人となりました。同じく中国語を使う台湾も合わせると、中国語スピーカーは全体の40%にまで上ります。

日本のサービス業や製造業もこの機会を逃さないように、店頭のPOPで中国語表現を加えたり、接客スタッフなど中国人対応を増やしています。

そこでこの記事では、サービス業に携わる人に向けて、少しでも中国人観光客が気持ちよく買い物をしてもらえるような「いらっしゃいませ」「こんにちは」といった基本の接客フレーズをご紹介します。

スタッフ教育にもそのまま使えますし、中国&台湾からの観光客の消費額アップも期待できますので、ぜひ参考にしてみましょう。

「欢迎光临(歓迎光臨)」を覚えておけば 店内の案内板やPOPにも使える!

ここでは「いらっしゃいませ」を意味する「欢迎光临(歡迎光臨)」をご紹介します。中国語の難しい点は発音です。同じ言葉でも発音が違えば、全く違う意味になってしまうので注意が必要です。正しい発音を覚えるとコミュニケーションがスムーズになり、心の距離も縮められるでしょう。

中国語で「いらっしゃいませ」は「欢迎光临(歓迎光臨)/huānyíng guānglín(ファンイン グゥァンリン)」

お店でお客様をおもてなしする際に最も使われる言葉です。ポイントは最初に「ふ」の口の形を作り、唇を前に突き出します。そのまま「ファン」と発音をしましょう。中国語はピンインと呼ばれる発音表記を持っています。

この場合は「欢huān迎yíng 光guāng临lín」となります。yíngやlínの上向きの点は、発音が最後に上がることを示しています。イメージとしてはびっくりしたり、聞き返したい時に思わず出る「え?」のように、最後を少し上げるイメージです。そして、“光guāng”の子音「g」は無気音なので、息の音を出さないように、しかし濁らないように注意が必要です。

お客さんへの挨拶は「你好/Nǐ hǎo(ニー ハオ)」

これは非常に有名な表現ですので、中国語を知らなくても「ニーハオ」は聞いたことがある人が多いかと思います。この際ですので、しっかりとした発音を覚えてください。たとえ流暢ではなくても、一生懸命伝えようとすることが、中国人観光客の心をつかみ、良い結果に繋がります。

この場合はNǐとhǎoの2つのパートのみです。Nǐの発音ですが日本語の「ニー」で最後のイントネーションを上げます。そしてhǎoは逆に少し顎を引き、低めに発音をします。

覚えておくと役立つ中国語での接客に使えるフレーズ10選

ここでは飲食店やホテル、日用品店など様々なシーンで使える中国語の接客フレーズをご紹介します。発音はここでは詳しくはできないので、代わりにカタカナ表記をつけています。なおイントネーションを含めた細かい発音を知りたい方は、グーグル翻訳の発音機能を使ってみてください。

1:お煙草はお吸いになりますか?

  • 中国語:您吸烟吗?
  • 発音:Nín Xīyān ma
  • カタカナ:ニンシーイェン マー?

2:全席禁煙です。

  • 中国語:本店 禁止吸烟
  • 発音:Běndiàn jìnzhǐxīyān
  • カタカナ:ベン ディエン ジン ジー シイ イエン

3:申し訳ございませんが、ただいま満席です。

  • 中国語:很抱歉,现在满座了
  • 発音:hěn bàoqiàn xiànzài mǎnzuòle
  • カタカナ:ヘン バオチェン、シェンザイ マンズォラ

4:順番にご案内いたします。

  • 中国語:我们 会 按顺序 请您 入座
  • 発音:wǒ men hùi àn shùn xù qǐng nín rù zùo
  • カタカナ:ウォメン フェイ アンシュエンシュー チンニン ルーズオ

5:ご注文が決まりましたら、お呼びください。

  • 中国語:要点菜时,请随时 叫我
  • 発音:yào diǎn cài shí、qǐng suí shí jiào wǒ
  • カタカナ:ヤオディエンツァイシュー、チンスェイシュー チャオウォ

6:少々お待ちください。

  • 中国語:请稍等
  • 発音:Qǐng shāo děng
  • カタカナ:チン シャオ ドン
  • ワンポイントアドバイス:
    • 接客中に少しでもその場から離れざるを得ない時には「少々お待ちください」の一言を忘れずに。言葉が十分に伝わらない状況で、目の前から人がいなくなると不安に思わせてしまうどころか、「放っておかれた」と勘違いさせてしまいます。

7:お会計はレジでお願い致します。

  • 中国語:请到收银台结帐
  • 発音:Qǐng dào shōuyíntái jiézhàng
  • カタカナ:チーン ダオ ショウ イン タイ ジエ ジャーン
  • ワンポイントアドバイス:
    • 中国のレストランでは、テーブルでお会計を行うことが一般的となっているため、お会計の時に困惑されることも十分に考えられます。そのようなことを防ぐためにも、お会計はレジで行うことを伝えておくと親切です。

8:カードでお支払いになりますか、それとも現金ですか?

  • 中国語:您刷卡还是付现金?
  • 発音:Nín shuākǎ háishi fù xiànjīn?
  • カタカナ:ニン シュワ カーハイ シー フゥ シエン ジン?

9:このカードは当店では使用できません。

  • 中国語:我们店不能用这种卡
  • 発音:Wǒmen diàn bùnéng yòng zhè zhǒng kǎ
  • カタカナ:ウォ メン ディェン ブーノン ヨン ヂェ゛ァ ヂョン カー
  • ワンポイントアドバイス:
    • 中国人観光客の多くは旅行先で買い物をする際、銀聯カードを利用することが一般的となっています。銀聯カードとは、中国国内で最も普及している決済手段であり、更に中国には外貨の持ち出し制限があるという理由からもニーズは高い状態にあります。日本でも銀聯カードでの支払いができる銀聯加盟店は徐々に増加していますが、加盟店でない場合は支払いができない旨をお客様にはっきりと伝えることが大切です。

10:現金払いのみとなります。

  • 中国語:这里只收现金
  • 発音:zhè lǐ zhǐ shōu xiàn jīn
  • カタカナ:ジョーリー ジー ショウ シエンジン

精度の高い翻訳アプリを使うのもひとつの手

飲食店では、提供しているメニューに使用している原材料やアレルギーについて聞かれることもあります。相手の言っている言葉がどうしても理解できない場合、翻訳アプリを使うのも一つのコミュニケーション手段です。ここでは実際の場面で使える中国語翻訳アプリをご紹介します。

1. 撮影した画像も中国語に翻訳してくれる「百度翻訳」

中国で最も広く使われている検索エンジン「百度(バイドゥ)」が開発しているスマホ・タブレット用の翻訳アプリです。2018年9月の時点では全28言語の双方向翻訳に対応をしています。

発音が難しい中国語ですが、私たちは同じ漢字を共有しています。読み方が分からない場合でも、漢字を通してコミュニケーションを図ることができるのは大きなメリットです。撮影した画像を中国語に翻訳してくれるので、いざという時にも役立ちます。

まるで「ほんやくコンニャク」カメラをかざすだけで翻訳できるグーグル翻訳の「WordLens」ついに日本語対応に!

昨日26日、Google(グーグル)はスマートフォンアプリ版「Google翻訳」をアップデートしました。このアップデートで、前回お伝えした「Google翻訳」のAR(拡張現実)技術を活用した「Word Lens」機能が日本語に対応しました。 目次カメラで写した文字をオフライン&リアルタイム&ARで翻訳できる「Word Lens」がついに日本語対応!!リアルタイム翻訳機能「Word Lens」の使い方リアルタイム翻訳機能「Word Lens」の利用シーンリアルタイム翻訳機能「Word Len...


2. 聞き取りづらい声も正確に翻訳「Naver Papago翻訳」

空港やホテル、レストランなどで使える英語と中国語、韓国語の文例集「グローバル会話」機能が付いています。日本語の文例を選んでその場で読み上げることもできるのが特徴です。注意をしたくても、中国語でなんて言えばよいのかわからないという場合にオススメです。

まとめ:コミュニケーションを取ろうとする誠実な気持ちが観光客の心を掴む

この記事では中国語を中心に、訪日外国人と接するポイントをご紹介してきました。日常生活の中で、英語はたまに使うことはあっても、中国語を使う機会はなかなかありません。

しかし、誰でも自分の国の言葉を話してくれる人に、好意を抱きやすいものです。大切なことは流暢な言葉を話すことではなく、コミュニケーションを取ろうとする誠実な気持ちです。そのおもてなしの心が観光客の心をつかみ、結果的に売上の増加につながります。

サービス業の担当者は、ぜひスタッフ教育の一環として、ここで取り上げた表現やアプリを取り入れてみてはいかがでしょう。

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!