「変なホテル大阪 西心斎橋」客室コンシェルジュ「ロボホン」が部屋や設備をご案内

「変なホテル大阪 西心斎橋」客室コンシェルジュ「ロボホン」が部屋や設備をご案内

変なホテルでロボホンが大活躍

シャープ株式会社は、H.I.S.ホテルホールディングス株式会社が、3月14日にオープンする「変なホテル大阪 西心斎橋」に、コミュニケーションロボット「RoBoHoN(以下、ロボホン)」計17体を導入することを発表しました。

同ホテルは、御堂筋線「心斎橋」7番出口 徒歩5分の好立地にオープン。大阪の中心地まで徒歩圏内、ワクワク楽しいロボットによるサービス、最新技術を導入した快適な館内と客室が魅力のホテルです。

「RoBoHoN」17体を納入

「RoBoHoN」17体を納入

インバウンドも安心して利用できるロボホン

同ホテルでは、3階の全15室に「ロボホンルーム」を設置。各部屋では、着座タイプのロボホンが、5月15日より、客室コンシェルジュとして対応します。

例えば、ロボホンがゲストの入室を検知すると、ウェルカムダンスを踊ってゲストを和ませます。また、客室の案内だけでなく、ゲストが同ホテルに関する質問をした際には、ロボホンが回答します。

一方、フロントデスクでは、3月14日より、ロボホン1体を常設。ゲストがロボホンに接続されたタブレット端末を通じて、詳しく知りたい項目を選択すると、ロボホンが、日本語、英語、中国語、韓国語の4カ国語に対応した音声で案内をしてくれます。

今後、同社では、客室内のロボホンのバージョンアップも視野に入れており、7月下旬から、モーニングコールやフロントの呼び出し機能のほか、定期的にオススメの情報を話しかけてくる機能も搭載していく予定です。

※「ロボホン」「Robohon」は、シャープ株式会社の登録商標です。

(画像はプレスリリースより)

ホテルや旅館にオススメのインバウンド対策について より詳しい資料のダウンロードはこちら

「翻訳業務」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「チャットボットシステム」を資料で詳しくみてみる

「インバウンド研修」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

シャープ株式会社 プレスリリース
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/190307-a.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!