18カ国の通貨と4言語に対応!バスタ新宿内の手ぶら観光の新サービスを開始 インバウンドの利便性を強化

公開日:2019年04月05日

インバウンドの利便性を強化

佐川急便株式会社は、4月2日、バスタ新宿3階 東京観光情報センターバスタ新宿内の「SHINJUKU SERVICE CENTER」の施設規模を拡張し、2つの新サービスを追加スタートしたことを発表しました。

SHINJUKU SERVICE CENTER

SHINJUKU SERVICE CENTER

東京を楽しむインバウンドへ企画乗車券を販売

「SHINJUKU SERVICE CENTER」は、手ぶら観光を推進するためのサービス拠点。毎日6:30~23:00まで営業しています。

このサービス拠点は、2016年4月にオープン。以来、同社では、宅配便の全国発送、手荷物の一時預かりのほか、23区内のホテル、および羽田空港・成田空港への当日配送を行ってきました。

これらのサービスは利用者に好評であり、また、最近では、受託件数も増加傾向にあることから、今回同社は、4月1日より新たに、18カ国の通貨に対応可能な両替機を設置し、日・英・中・韓の4言語に対応可能な外貨両替サービスを開始。

また、インバウンド向けに、都営地下鉄線全線および東京メトロ線全線が利用可能な乗車券「Tokyo subway Ticket」の販売も併せてスタートしました。

同社では、今後もインバウンドを含めた観光客が多数訪れる観光地、鉄道駅、空港等に、手ぶら観光カウンターを新設、あるいは機能の充実を図ることで、手ぶら観光サービス向上に努める考えです。

(画像はプレスリリースより)

顧客満足度を上げる!旅ナカに有効なインバウンド対応を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「バイリンガル採用・派遣」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

佐川急便株式会社 プレスリリース
http://www2.sg-hldgs.co.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。