中国人女性vs.日本人女性 化粧品購入金額は2倍以上の差で中国圧勝 日中で比較する「化粧品・サプリメントの購入金額調査」

公開日:2019年04月08日

化粧品購入とブランドイメージ調査

株式会社ヴァリューズは、日本人と中国人女性の間で、美容と日本ブランドイメージの差異を調査し4月3日に発表。越境ECや訪日経験のある中国人女性の支出金額は、日本人女性の2倍以上であることが分かりました。

日・中女性の美容支出金額と日本化粧品のイメージ調査

日・中女性の美容支出金額と日本化粧品のイメージ調査

年代別・1ヶ月当たりの平均支出額

調査は、化粧品・サプリメント購買状況、日本の化粧品のブランドイメージなどについてアンケートを実施。対象は日本女性3,326人、EC利用・訪日経験のある中国人女性1,059人です。

1ヶ月当たりの化粧品の平均支出額は、中国人女性は24歳以下が15,903円、25歳~30歳が15,964円、30歳~35歳は16,648円。その後は年齢が増えるにつれ減少していきますが、40歳以上でも1万円台となっています。

日本人女性の支出は、24歳以下が中国人女性の3分の1、40歳以上が2分の1の支出。サプリメントの購入金額の差はさらに広がり、30~35歳では日本人女性は中国人女性の8分の1となっています。

購入傾向とブランドイメージの違いとは

日本人女性の支出は、化粧品・サプリメントとも年齢が高くなるにつれ緩やかに上昇していますが、中国人女性は30~35歳で化粧品購入のピークとなり、その後緩やかにサプリメントへの意識が高まる傾向にあります。

また日本の化粧品ブランドに抱くイメージを分析したところ、中国人女性が独自性と効果を重視、日本人女性は信頼性・親近感を重視する傾向が見られました。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド最大の中国市場は「旅マエ」にアプローチするのが重要!おすすめのインバウンド対策を資料で詳しくみてみる

「中国向けインフルエンサープロモーション」を資料で詳しくみてみる

「中国向け広告運用」サービスを資料で詳しくみてみる

「Wechatを活用したプロモーション」を資料で詳しくみてみる

「Weiboを活用したプロモーション」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社ヴァリューズのプレスリリース
https://www.valuesccg.com/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。