急増する「ムスリムインバウンド」に対応せよ!東武鉄道が「TOBU JAPAN TRIP」内にムスリム特化の観光案内ページ新設

急増する「ムスリムインバウンド」に対応せよ!東武鉄道が「TOBU JAPAN TRIP」内にムスリム特化の観光案内ページ新設

2019年2月27日より、東武鉄道は沿線観光情報サイト「TOBU JAPAN TRIP」にて、ムスリム向けの観光案内ページを新たにオープンしました。これまで祈祷室の整備や、インドネシアをはじめとする訪日ムスリム観光客向けの観光マップの作成等、ムスリムフレンドリーを目指したサービスや受け入れ体制の強化に取り組んできた東武鉄道の、新たな取り組みを見ていきましょう。


関連

その市場規模1,000億円以上 ムスリム訪日客増加で莫大になりつつあるハラール食品市場は地方誘致にも一役買うのか?

近年増加傾向にあるムスリムの訪日外国人観光客を受け入れるために日本国内ではさまざまなインバウンド対策が行われています。例えば、大阪観光局では宗教上の制約に従った「ハラル」やそれに準じる料理を提供する店やホテルを紹介するA4判の冊子 「ハラル&ムスリムフレンドリーマップ」を制作しています。また、LCCを利用して多くのムスリムが入国する成田空港でも ムスリム向け無料観光ガイド「CHIBA MUSLIM TOURISM GUIDE」が配布されています。ムスリム市場は年々成長しており、これに伴い ...


2015年から開始された東武鉄道の訪日ムスリム観光客への取り組み

▲NIKKO GUIDE for MUSLIMS:TOBU JAPAN TRIPより引用
東武グループでは、2015年12月の東武ワールドスクウェア内における祈祷室の設置から始まり、これまで訪日ムスリム観光客の受け入れ体制整備に取り組んできました。

急ピッチで進む 急増する訪日ムスリム観光客の受け入れ体制整備:東武鉄道、埼玉・川越のムスリム向け観光マップを作成

東武鉄道株式会社は、フードダイバーシティ株式会社と埼玉県川越市と連携し、2018年12月1日よりムスリムの訪日外国人観光客に対し観光マップ「KAWAGOE COEDO MAP for MUSLIMS」を発行しています。日光・鬼怒川エリアにおける「NIKKO GUIDE MAP for MUSLIMS」に次いで2例目となる東武グループのムスリム観光客対策として、注目が集まります。近年急増しているムスリムの訪日客の現状と対策促進の必要性をふまえ、東武鉄道が実施するムスリム観光客に対する最新のイ...


2018年に入ってからは、3月にムスリム向けの日光・鬼怒川エリアの観光マップ「NIKKO GUIDE MAP for MUSLIMS」の発行とWebサイトの開設、4月に東武日光駅への祈祷室の設置と日光金谷ホテル・中禅寺金谷ホテルにおいてムスリム向けメニューの提供を開始、12月にはムスリム向けの川越エリアの観光マップ「KAWAGOE COEDO MAP for MUSLIMS」発行とWebサイト開設を実施しました。

7月は、ミスインドネシアを招聘し、「Beauty in Japan」「Beauty in Nikko」「Beauty in Tokyo」の3種類のプロモーションビデオを制作しました。また、東武鉄道は訪日ムスリム観光客に向けたBtoCの取り組みだけでなく、2018年9月と10月にムスリムインバウンドのメイン市場であるマレーシア・インドネシア旅行博への出展および商談会への参加も実施しています。海外におけるサービスや沿線観光の情報の発信、インフルエンサーを起用したプロモーションにも積極的に取り組んでいるのが特徴です。

「TOBU JAPAN TRIP」ムスリム向けの観光案内ページが目指す受け入れ体制の整備

▲NIKKO GUIDE for MUSLIMS:TOBU JAPAN TRIPより引用
東武鉄道の沿線観光情報サイト「TOBU JAPAN TRIP」にムスリム向けの観光案内ページを新設した狙いとして、沿線を訪れる訪日外国人観光客への情報発信強化が挙げられます。日光・川越・佐野・足利・台東区などの沿線エリアごとに、観光スポットや祈祷室、ムスリム向けメニューを提供する飲食店とお土産店等を、モデルコースの提案も含めて紹介しているのが特徴です。

観光案内ページの新設にあたり、各エリアの情報提供の充実を図りました。従来から作成している日光エリア・川越エリアのムスリム向け観光マップに加え、台東区および両毛ムスリムインバウンド推進協議会の協力も得た上で、台東区発行の「TOKYO ASAKUSA/UENO/YANAKA MAP for MUSLIMS」と両毛ムスリムインバウンド推進協議会発行の「SANO MAP FOR MUSLIMS」の情報も掲載しています。

2019年3月よりインドネシア語版観光案内の作成

▲NIKKO GUIDE for MUSLIMS:TOBU JAPAN TRIPより引用

2019年3月には、日光・鬼怒川エリアを紹介した「NIKKO GUIDE MAP for MUSLIMS」が、従来の英語版に加え新たにインドネシア語版も作成されました。祈祷室を設ける施設やハラール対応のレストランの情報まで、非常に詳しく記載されています。日本を訪れるムスリム観光客の中で大きな割合を占めるインドネシア人観光客の、さらなる訪日旅行の満足度向上が期待されるでしょう。

まとめ:急増する訪日ムスリム観光客のさらなる満足度向上へ

全国各地の施設や空港等でインバウンドのムスリム対策が進められている中、東武鉄道は他社と比べても早い時期から、訪日ムスリム観光客の受け入れ体制整備に積極的に取り組んできました。2019年3月には「NIKKO GUIDE MAP for MUSLIMS」のインドネシア語版も作成されたことから、今後もさらなる訪日外国人観光客の受け入れ体制の整備と満足度の向上に注目が集まります。


<参考>

・東武鉄道株式会社:NEWS RELEASE(2019年2月26日発行)

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!