高精度おすすめの翻訳サービス5選!ネイティブ翻訳が無料翻訳サイト「Google翻訳」「エキサイト翻訳」より優れている理由とは?

「訪日外客統計」によると、2018年の訪日外国人観光客数は史上初となる3,000万人を突破しました。東京オリンピックが開催される2020年にはさらなる観光客の増加が予想されています。これに伴い、「小売店」「飲食店」「ホテル」「交通機関」「観光地」などでは、店舗のパンフレットや案内板、メニュー表の翻訳を急ピッチで進めています。

しかし、街中の翻訳された中国語(繁体字・簡体字)、韓国語、タイ語など見てみると、おかしな翻訳を数多く目にします。これはいくつか原因があると思われますが、主な原因として、無料の翻訳サイトの利用が挙げられます。コストが掛からず、翻訳してみたは良いが、その翻訳が本当に合っているか確かめようがないのです。

例えば、大阪のあるコンビニには、中国語表示で「从清晨到深夜 你可以购买便利店 上午7:00~23:00(全年无休)」とありました。この意味は「早朝から深夜まで、あなたはコンビニ店購入できます」になります。購入できるのは商品であって、コンビニ店舗そのものではありません。このようにおかしな翻訳は、街中に数多く存在しているのです。

先日、Googleから発表されたカメラをかざすだけでテキストを翻訳・音声読み上げしてくれる機能が「Googleレンズ」は大きな衝撃と話題を呼びました。インバウンド業界のみならず、多言語対応・翻訳・言葉の壁に関する話題がにわかに盛り上がりを見せている今こそ、精度の高い翻訳が気になるところです。

『変な翻訳』を防ぎ、自社の商品・サービスを訪日観光客に正しく理解してもらうためには、コストをかけて正しいネイティブ翻訳をする必要があるでしょう。


    目次

翻訳企業の強みとは?

翻訳業務は昔から多くのニーズがあり、「飲食店」「小売店」「メーカー」「自治体」「交通」「宿泊施設」などあらゆる企業において必要なインバウンド対策です。

ホームページ、チラシ、店頭案内など訪日外国人が目にする媒体、店舗内あらゆる箇所で多言語化は必要です。翻訳企業は、訪日外国人にしっかりとしたした翻訳内容を伝えるために、ネイティブ翻訳を得意としているサービス、しっかりと伝えたいニュアンスを汲み取って翻訳してくれるサービスなど数多く存在します。

おすすめの翻訳サービス 5選!

「訪日ラボ」にて提供している「2019年上半期最新版インバウンド業界カオスマップ」から翻訳業務のカテゴリを棚卸しし、おすすめのサービスを8つ紹介します。翻訳業務に悩む企業様は是非参考にしてほしいサービスです。

1. 携帯型多言語ガイドシステム


予め複数の言語に翻訳したコンテンツを再生することにより、1名の案内人が多国籍のお客様へ同時に最大8言語で誘導案内することができる新しいシステムです。

日本語以外に7言語の合計8言語を同時に案内できます。翻訳発注からコンテンツ完成までおおよそ7週間掛かります。全国の観光スポットや工場・酒蔵、地大型商業施設など外国人観光客が多く来る場所に最適なサービスです。

具体的には、17ヵ国語の中から、最大8ヵ国語で、同時音声ガイド。通信距離は、全方位360度、半径60~80メートルとなり、受信機は手のひらサイズで、僅か63グラム。バス車内、徒歩観光など、様々なシーンで活用が可能です。


2. 翻訳サービス


株式会社アットグローバルは、日本、上海、香港、ベトナムホーチミンに拠点を置く翻訳会社です。インバウンドに関連した様々なドキュメント(Webサイト、観光ガイド、生活ガイドブック、パンフレット、メディア記事など)の翻訳を得意としています。

対応言語は、英語、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語、東南アジア言語全般、ヨーロッパ言語全般です。約1,500人の国内・海外の翻訳者ネットワークを駆使し、良質なサービスをリーズナブルに提供します。

翻訳サービスの資料をDL

※資料請求には無料の会員登録が必要です

翻訳サービスの詳細はこちら


3.マーケティング専門翻訳サービス


エーポートコミュニケーションズ 株式会社は、観光情報や商品の魅力が伝わる多言語化サービスを提供しています。外国人をターゲットとした集客、宣伝などのマーケティングやPRを目的とした多言語化を専門としています。

マーケティング目的の翻訳は、翻訳者がマーケティングに精通していなければ仕上がる文章に差が出ます。同サービスでは、マーケティングに精通した翻訳者が原文を再編集したうえで翻訳をディレクションしています。海外でより多くのビジネスチャンスを生み出すサポートをしています。


4.台湾向け中国語翻訳サービス


日本では、台湾向けの翻訳を、中華人民共和国の公用語を母語や専門とする翻訳者が行なっている場合が多くあります。この場合、翻訳された文章が台湾人にとって分かりにくいものである可能性があります。

理由に「簡体字・繁体字の違い」「言葉・語彙の違い」「表現方法の違い」などが挙げられます。

「フレンズ台湾」の翻訳サービスは台湾人のネイティブ翻訳により、台湾向けにローカライズされた、台湾人にとって読み易い自然な翻訳を提供しています。

5. ワンストップ多言語化サービス


翻訳品質はもちろん、さらに訳文のレイアウトまでプロ品質で提供するサービスです。株式会社トゥブルームのサービスは、Webやパンフレットを翻訳した後のレイアウト(DTP)まで一貫して請け負えるワンストップ制作が強みです。

翻訳言語・取扱いデータの両面で、他社にはない対応範囲の広さ・完成度へのこだわりを持っています。今後も続いていくインバウンド対応のあらゆる局面をサポートする総合多言語化サービスです。


まとめ:ネイティブ翻訳を活用して、訪日外国人に自社の商品・サービスを正しく伝える

2018年の訪日外国人観光客数は史上初となる3,000万人を突破しました。東京オリンピックが開催される2020年にはさらなる観光客の増加が予想されています。来年は、観光地や街中の飲食店・小売店・ホテルなど、外国人が溢れることが想定されます。

店舗のパンフレットや案内板、メニュー表の翻訳をしっかりと準備し、自社の商品・サービスを正しく伝えられるように準備しましょう。

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!