業界最多の10か国語表示!外国人向け求人サイト「オールジョブスジャパン」新機能追加

外国人が前職を辞めた理由の3位に「勤務地までの距離」

株式会社エムティック(以下、エムテック)が、外国人向け求人サイト「オールジョブスジャパン」に、新機能となる「通勤時間の検索機能」などを追加したと、5月29日に発表しています。

同社が、運営する人材派遣・職業紹介サービスなどへ登録済みの外国人求職者にアンケートを実施。「勤務地までの距離」が前職を辞めた理由の3位になっており、そういった結果をもとに、同サイトに「勤時間の検索機能」などを含めた新機能を追加しました。

また、様々な国の人が母国語で情報が得られるように、業界最多の10か国語表示に対応しました。

「オールジョブスジャパン」
「オールジョブスジャパン」

人事が「人となり」や日本語能力を把握できる機能も追加

訪日外国人と外国人労働者数<国別ランキング>2019年5月最新版」では、外国人労働者の数の1位が中国、2位がベトナム、3位がフィリピンで、国籍も多岐に亘っており、合計146万人が日本で働いているとされています。

そういった背景から、同社は「オールジョブスジャパン」には、人事が「人となり」や日本語能力を把握できる「応募者プロフィールビデオ登録機能」を追加し、より効率的に採用活動をできるようにしました。

(画像は株式会社エムティック ホームページより)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社エムティック
https://www.mtic.co.jp/mticnews/2019/5/29/news

株式会社エムティックのプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」


スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。