ソーシャルビッグデータを活用した全国インバウンド観光調査を実施

インバウンド観光を促進して地方創生に寄与

2019年5月28日、東京海上日動火災保険株式会社(以下、東京海上日動火災保険)と株式会社NTTデータ(以下、NTTデータ)は、ソーシャルビッグデータを活用して、地方創生に寄与するインバウンド観光促進のための全国調査(以下、同調査)を実施しました。

同調査は、地方自治体の観光政策や、事業者のインバウンド施策の立案で活用することで、地方創生に寄与するとしています。

調査を実施するにあたっては、Twitter全量データやWeiboなどのSNSデータおよび観光レビューサイトデータを活用し、2017年11月~2018年10月の1年間、世界の国・エリアから訪れた訪日観光客の話題を分析しました。

また、実際に訪れた観光客の生の声を使って分析することで、訪日観光客が魅力を感じている穴場スポットや施設の相関など、よりリアルなニーズを明らかにしています。

全国インバウンド観光調査
全国インバウンド観光調査

全国インバウンド観光調査の概要

同調査では、日本全国を大局的に分析するとともに、都道府県ごとに、月単位の投稿件数の推移・エリア別の投稿割合や、投稿の具体的な内容を分析しています。

さらに、観光スポット単体の話題量・評価や、観光スポット同士の発言相関を調査することで、まだそれほど話題にはなっていないものの、旅行者の評価が高く穴場となっている観光スポット等をまとめています。

なお、スポット別の投稿数と評価(ポジティブポイント)を具体的に分析した結果、関西圏において、投稿数の多いスポットが多く、評価も高いことがわかりました。

また、観光スポットの発言相関を分析すると、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンを訪れた観光客は近隣の関西圏を周遊しています。一方で、東京ディズニーランドや東京ディズニーシーを訪れた観光客はユニバーサル・スタジオ・ジャパンなど関西圏に流れていると推察できます。

(画像はニュースリリースより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

東京海上日動 ニュースリリース
https://www.tokiomarine-nichido.co.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。