訪日外国人へのアピール、ラグビーW杯観戦だけで終わらせていいの?九州・山口が本気で取り組む「祭りアイランド九州」熊本から周遊観光を推進

訪日外国人へのアピール、ラグビーW杯観戦だけで終わらせていいの?九州・山口が本気で取り組む「祭りアイランド九州」熊本から周遊観光を推進

ラグビーワールドカップ2019の開催時期に合わせて、今年9月に「祭りアイランド九州」(英語名:Matsuri in Kyusyu)が開催されます。

ワールドカップ観戦で訪れる訪日外国人観光客に九州・山口の魅力を発信し、周遊観光を促進させるのが狙いです。

「祭りアイランド九州」が提案する広域周遊ルートをふまえ、日本の地域の魅力発信に向けた新たな取り組みを見ていきましょう。


九州の「祭り」をキーワードに地域の魅力を国内外に発信

「祭りアイランド九州」では、九州・山口地域の多種多様な祭りを熊本県熊本市に集結させ、国内外からの観光客への認知拡大を図り、実際に各地の祭りへ誘客するといったプロジェクトです。

九州・山口地域は、美しい海や山などの大自然はもちろん、温泉や地域独自の歴史と文化、グルメ、そして祭りなど、多くの魅力を抱える地域としています。

中でも祭りは、数百年続く伝統的な祭りや九州ならではのユニークな祭りなど、あらゆる種類の祭りが九州・山口の広域でそれぞれ楽しめるのが特徴です。祭りをキーワードに九州・山口の魅力を発信する、九州初・九州最大規模の官民一体となったプロモーション事業として注目が集まります。

熊本地震からの創造的復興とインバウンドの欧米豪市場の需要取り込みが狙い

「祭りアイランド九州」開催の狙いの1つとして、熊本地震からの創造的復興が挙げられます。熊本地震から3年が経過した今、熊本県が目標としているのが、復旧・復興をさらなる発展につなげていく創造的復興です。

創造的復興に向けた重点10項目の1つに、国際スポーツ大会・ラグビーワールドカップの開催が挙げられています。

ワールドカップと同時期に、祭りをキーワードにしたプロモーション事業「祭りアイランド九州」開催することで、観戦目的で九州を訪れる国内外からの観光客に向けた、熊本の魅力や復旧・復興状況のPRが期待できるできるでしょう。

2つ目の狙いは、欧米豪からの訪日外国人観光客をメインターゲットとした、九州・山口地域の周遊観光促進とリピーター化です。

2018年10月25日に採択された「九州まるごと"インバウンド立圏"宣言」では、ラグビーワールドカップや女子ハンドボール世界選手権大会などの開催から、現在注目度が増している欧米豪市場からの訪日客増加を見込み、欧米豪のインバウンド需要を取り込むべく、九州・山口地域の魅力発信を強化していくとしました。

九州・山口地域の各地の祭りを紹介することで、同地域の知られざる魅力の認知を拡大させ、周遊観光の促進とリピーター獲得を目指します。

スポーツツーリズムが注目集める理由

国内や海外への旅行が一般的になり、旅行の目的も多様化してきています。インターネットの発達により、現地製品の購入がECなどで簡単に行われるようになるにつけ、現地体験を重視する「コト消費」の流行も顕著です。こうした中で最近注目が高まっているトピックの一つが「スポーツツーリズム」です。「スポーツツーリズム」の推進は、これまで以上の旅行者の誘致や地方の活性化の可能性も秘めています。日本では、今年2019年は9月にラグビーワールドカップ、来年2020年はオリンピックが控えており、これまでにないスポー...


九州・山口の祭りとご当地グルメをインバウンド向けにPR

▲「祭りアイランド九州」公式サイト
▲「祭りアイランド九州」公式サイト

「祭りアイランド九州」は、主に「九州の祭り集結」と「九州・山口の祭りめぐり」の2つの取り組みで構成されます。

「九州の祭り集結」では、2019年9月28日と29日に、熊本市中心部で福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・山口の43の祭りを紹介することが決定しました。ユネスコ無形文化遺産に登録された「山・鉾・屋台行事」の中からも博多祇園山笠など、5つの祭りが披露されます。

また「九州・火の国元気まつり」と題し、物産展として九州・山口地域の各県のご当地グルメや特産品の販売も実施し、さまざまな観点から同地域の魅力を国内外に発信するのが特徴です。

「九州・山口の祭りめぐり」では、9月20日から11月3日に福岡と佐賀を中心とした九州と山口で開催される、57の祭りのPRを実施します。

ラグビーワールドカップの観戦で訪れた訪日外国人観光客に、九州・山口地域の周遊観光を促すため、各地の伝統的な祭りの魅力を発信するプログラムです。すでに英語のホームページ上でも、地図から祭り開催地の位置関係を確認するとともに、祭りの詳細は九州観光推進機構の英語ページに飛び、より詳しい情報が入手できるようになっています。

九州・山口におけるインバウンドの周遊観光促進に期待

「祭りアイランド九州」では、祭りという観点から地域独自の文化や歴史を国内外に発信することで、インバウンドの周遊観光促進やリピーターの獲得への効果が期待されます。

実際に、2018年にフランス・パリで開催された、日本の祭りを披露するイベント「Grand Matsuri」では、初開催にして1日2万人を動員するなど、大成功を収めました。祭りは老若男女問わず楽しめるトピックのため、「祭りアイランド九州」においても、訪日外国人観光客を中心に多くの興味関心を得られるでしょう。


<参考>

・祭りアイランド九州:公式ウェブサイト

・祭りアイランド九州実行委員会:9月から開催『祭りアイランド九州』 43の祭りが熊本に集結!

・熊本県:熊本地震から3年、創造的復興が進む熊本の"今"を新聞に掲載しました

・訪日ラボ:初開催にして1日2万人の動員に成功した「GRAND MATSURI」から見る、フランス市場の最新インバウンド事情/祭りをキーワードに幅広い層へのPRに成功-現地レポート

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!