ジャニー氏死去、中国でも衝撃「私の青春だった…」速報後1万件超の拡散がわずか1時間半で【海外での反応】

2019年7月9日23時30分、芸能事務所「ジャニーズ事務所」の創業者で社長のジャニー喜多川氏が、同日午後にくも膜下出血のため東京都内の病院で死去したことが伝えられました。

SMAPや嵐など、中国でも絶大な人気を誇る「ジャニーズ」は中国語で「傑尼斯」(ジエニス)の名前で知られ、SNSでも日々話題が配信されています。ニュースの公開から現在まで、中国のネット上での反応をリサーチしました。


速報から15分でリツイートは5,000件、1時間半で1万件超

昨年末、木村拓哉もアカウントを開設した中国のSNS「Weibo」には、日本のニュースを速報するアカウントがいくつかあります。フォロワー199万の「速報日娯」もこうしたアカウントの一つです。同日夜、日本のニュース配信とほぼ同時刻にオリコンニュースからジャニー喜多川氏の死去を投稿しています。

このニュース投稿からわずか15分、リツイートは5,000件を超え5349リツイート、コメントは359件、いいねが281件となりました。また、速報から約1時間半後の0時55分にはリツイートは1万1,000件を超えています。

コメントには哀悼の意を表す「ろうそく」の絵文字や、両手を合わせて祈る手の絵文字、また滝のように涙を流す顔の絵文字が並びます。

絵文字と合わせて「ありがとう」「私の青春の中には、あなたのおかげで生み出された方の姿があります」「安らかに眠ってください」「一つの時代が終わってしまいましたね」「あまりに突然です」といったコメントも見られます。 

▲ジャニー喜多川氏死去を伝えるWeibo投稿についたコメント
▲ジャニー喜多川氏死去を伝えるWeibo投稿についたコメント

娯楽専門のWeiboアカウントだけでなく、上海のメディア「澎湃新闻」もこのニュースを報じており、もはや日本の芸能ニュースは一部の日本ファンだけのものではなく、中国の一般市民にとっても日常的に関心を抱く対象となっていることがうかがえます。

▲澎湃新闻によるWeiboでのニュース拡散
▲澎湃新闻によるWeiboでのニュース拡散


個人の投稿でも「悲しい」「ファンになれて幸せだった」

またこの他、メディアだけでなく、個人ユーザーからも哀悼の意の投稿が目立ちます。

「尊敬に値する人物だった、良い人だった。日本の芸能界に与えた影響力はかなりのものだったろう、どうぞ安らかに。」



「私の愛した日本の男性は、全てジャニーズ事務所の人です」

「肖像権にすごく厳しい事務所だったけど、それも当然と言えば当然。中島裕翔とHey! Say! JUMP は私が初めて恋焦がれたアイドル…本当に幸せだった、ありがとう喜多川さん」

アイドルファンは、ジャニーズのタレントだけでなく、彼らの利益を守り育ててきた喜多川社長に対して感謝していることが読み取れます。

中国社会においてもアイドルの持つ社会的意義は日本同様に高く、また彼らを支えてきた喜多川社長への尊敬が中国のファンに広まっていることがわかります。

ハッシュタグでも『#喜多川去世#』

Weiboにはハッシュタグの機能があります。この訃報に対し、ハッシュタグ『#喜多川去世#』が使われています。これは、喜多川社長の死去を意味する単語です。中国では氏名を続けて読み上げたり呼ぶことが礼儀正しいやり方とされており、喜多川社長の場合は名字の漢字が三文字のため、このように敬称がなくとも敬意を持った呼称のように響きます。

類似のハッシュタグもありますが最もシンプルな『#喜多川去世#』が多くの投稿を集め、速報から1時間45分が経過した時点で6192.4万CV(コンテンツビュー)、2.5万件の関連したコンテンツが投稿されていることが確認されました。

▲ハッシュタグ『#喜多川去世#』に関連したコンテンツ検索結果
▲ハッシュタグ『#喜多川去世#』に関連したコンテンツ検索結果

こうして喜多川氏が中国での知名度を高めたのも、所属タレントの中国での人気が背景にあると言えるでしょう。

例えばキムタクこと木村拓哉さんのWeiboアカウントは昨年12月下旬に開設されましたが、フォロワー数は開設後2日間で40万にせまり、7月現在は157万となっています(7月10日確認、以下同じ)。

キムタクweibo開始で中国ネットが騒然、わずか2日で36万フォローの大反響/日本人芸能人・有名人が次々と中国SNSに進出する理由

12月22日、中国SNSのWeiboに日本のトップアイドル「キムタク」こと木村拓哉氏がアカウントを開設し、中国スターのShowLo(羅志祥)の熱烈歓迎と合わせて中国のインターネット上で大きな話題となりました。(本文中の数字はすべて24日16時時点です)インバウンド最大の中国市場は「旅マエ」にアプローチするのが重要!おすすめのインバウンド対策を資料で詳しくみてみる「中国インフルエンサープロモーション」を資料で詳しくみてみる「中国向け広告運用」を資料で詳しくみてみる「Wechatを活用したプロ...

キムタクに先駆けること半年、昨年にWeiboアカウントを開設したのが山Pこと山下智久さんです。山Pの現在のフォロワー数は171万ですが、キムタクもここに迫る勢いでフォロワーを増やしていることがわかります。

まだ個別でのアカウント開設には及ばないものの、ハッシュタグで話題をさらっているジャニーズのグループやタレントも数々存在し、今後も中国でのジャニーズタレントの影響力が強まっていく可能性は非常に高いと言えるでしょう。



関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!