東急グループ、スノーリゾートをグリーンリゾートに インスタ映えスポットも設置

通年型山岳リゾートをオープン

東急不動産株式会社及び株式会社東急リゾートサービスは、7月18日、全国に展開するスノーリゾートにおいて、ウインターシーズンだけでなく1年を通じてインバウンド等のゲストが楽しめるよう、2019年度グリーンシーズンの営業をオープンしたことを発表しました。

2019年度グリーンシーズン営業

2019年度グリーンシーズン営業

インスタ映えスポットも登場

北海道虻田郡倶知安町のスノーリゾート「ニセコマウンテンリゾート グラン・ヒラフ」は、世界中から多くのスキーヤーやスノーボーダーが集まる場所です。雪や冬といったイメージが強い地域ですが、近年では、過ごしやすい気候や多彩なアクティビティを求めて、夏の注目度も上昇中です。

両社は今回、ゲレンデ中腹・標高820メートル地点のお昼寝スポット「丘の上の展望ベッド~#NISEKO SIESTA~」に、「インスタ映え」をテーマとして、新しい取り組みをスタート。

北海道を代表する羊蹄山が背景になるセルフィースポットでは、色鮮やかなソフトドリンクやコールドスイーツとともに、写真撮影を楽しむことができます。

また、初心者から上級者まで楽しめる2つのマウンテンバイク専用コースを用意。インバウンド等のゲストは、大自然溢れる景色のもと、爽やかな風とマウンテンバイクによるスピード感を体験することが可能です。

東急グループが運営するスノーリゾートは、全国9カ所にのぼります。今後も、年間を通して楽しめるリゾート施設を目指す考えです。

(画像はプレスリリースより)

顧客満足度を上げる!旅ナカに有効なインバウンド対応を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「バイリンガル採用・派遣」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

東急不動産株式会社/株式会社東急リゾートサービス プレスリリース
https://www.tokyu-land.co.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。