Kotoznaの多言語コミュニティシステムが国東半島の「多言語解説整備業」に採択

Kotoznaの多言語コミュニティシステムが国東半島の「多言語解説整備業」に採択

Kotoznaのサービスが多言語解説整備事業に採択

Kotozna株式会社(以下、Kotozna)の多言語コミュニティシステムが、文化庁による国東半島の「多言語解説整備業」に採択されたと、同社が8月15日に発表しました。

文化庁が行う「国東半島文化財WEBコンテンツ整備事業」では、文化財情報を多言語に翻訳し世界に発信するため、Kotoznaの多言語コミュニティシステムをプラットフォームとして活用。また、チャットやSNSを用いるサービス「Kotozna Chat」などで、インバウンドの交流人口拡大を図っていきます。

「Kotozna Chat」

「Kotozna Chat」

多言語翻訳サービスなどを展開するKotozna

Kotoznaは、104言語対応・同時翻訳付きメッセージングサービス「Kotozna Chat」や、日本語コンテンツを多言語翻訳し、QRコードスキャンで多言語表示する多言語翻訳サービス「Kotozna Camera」を展開しています。

今回の文化庁の事業においては、宇佐国東半島を巡る会と協力し、インバウンドが過ごしやすい環境の構築、そして国東半島のファンの増加にも寄与していきます。

(画像はKotozna ホームページより)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

Kotozna株式会社
http://kotozna.com/

Kotozna株式会社のプレスリリース(News2u)
http://www.news2u.net/releases/166671?ref=rss

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。