【速報】韓国、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄へ:ホワイト国除外への対抗か

【速報】韓国、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄へ:ホワイト国除外への対抗か

韓国政府は本日、日本と韓国の間でかわされていた「日韓秘密軍事情報保護協定(GSOMIA)」について、破棄することを発表しました。先日、日本政府が輸出管理の優遇対象国(ホワイト国)から韓国を除外する決定を行ったことなど、日韓関係で亀裂が生じたことが背景にあると考えられます。


日韓秘密軍事情報保護協定(GSOMIA)とは

日韓秘密軍事情報保護協定(GSOMIA)とは、2016年11月23日に締結された、日本と韓国の間で秘密軍事情報を提供し合う際、第三国への漏洩を防ぐために結ぶ軍事情報包括保護協定です。

北朝鮮の行動を発端とする朝鮮半島情勢の緊張状態に対応するものであり、韓国側にとっては、日本が有する北朝鮮の情報などを入手できることからメリットのあるものでした。

しかし、日韓関係の悪化にともない、日本政府が輸出管理の優遇対象国(ホワイト国)から韓国を除外したことなどへの対抗措置として、本日8月22日に韓国側から破棄の決定が発表されました。

「ホワイト国」とは?

日本政府は8月2日に「ホワイト国」から韓国を除外することを閣議決定しました。実際の除外は8月28日から施行されます。

「ホワイト国」とは、日本の友好国として、輸出上の管理において優遇措置を受けられる国々のことです。ホワイト国には27カ国がリストインされています。

韓国はアジア唯一のホワイト国でしたが、今回の除外により、日本からの韓国への貨物輸出に対し、契約ごとに個別の許可が求められるようになります。

<日韓関係関連記事>

収まらないボイコットジャパンの波で自国が窮地に?韓国LCC各社の株価が下落した理由

7月4日に日本政府が韓国に対する輸出規制強化の措置を発動したことにより、韓国では反日感情が高まっています。韓国国内では、日本製品の不買や日本旅行をキャンセルするなどの反発運動「ボイコットジャパン運動」が激化しています。こうした事態について日本国内で実施されたあるアンケートでは、今回の日本の措置に納得している人が80%を超えるという結果も見られました。また28日には北朝鮮が日韓対立を好機とみて、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄を韓国側に要求し始めまるに至っています。今回の日韓対立...

韓国の「光復節」815独立記念日が不買運動をたきつける:外務省も注意喚起

8月15日は日本にとっては終戦記念日ですが、戦前に日本統治を受けていた国や地域にとっては独立記念日です。隣国の韓国では「光復節」という祝日になっており、36年間の植民地支配から主権を取り戻した記念日として、記念式典も執り行われています。こうした理由から、8月15日は他の日と比べても反日感情が高まりやすくデモなども起きやすい時期です。輸出規制の措置を発端に起きた韓国での不買運動「ボイコットジャパン」も、光復節をきっかけにさらに激しくなることも予想されます。光復節とは?8月15日の「光復節」と...

【最新まとめ】相次ぐ韓国LCCの運休、旅行会社には補償金も:韓国国内の反応をTwitter、NAVERから探る

ソウル共同通信によると、韓国の格安航空会社であるイースター空港が、9月の日韓直行便を運休すると発表しました。はっきりとした理由は伝えられていませんが、日韓関係の冷え込みによる訪日旅行客のキャンセルが相次ぎ、収益に影響が出たためと考えられています。相次ぐ運休や減便に韓国の人たちはどのような反応を示しているのでしょうか?日韓直行便の現状日本と韓国の間では2013年にオープンスカイ政策が施行されました。オープンスカイ政策とは、通常2国間で航空便の路線や便数、運賃などを航空協定によって決めるという...



関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!