【ランキング】個人的に世界遺産にしたいスポット1位は「伊勢神宮」5位に「東京タワー」

個人的に世界遺産にしたい場所

株式会社 阪神交通社は、「個人的には世界遺産!プレゼントキャンペーン」の応募結果を集計し、応募の多かった場所をランキング化。9月5日にベスト5を公開しました。1位は「伊勢神宮」でした。

個人的に世界遺産にしたい場所ランキング

個人的に世界遺産にしたい場所ランキング

1位は歴史を語る「伊勢神宮」

同社では1,000件を超えた応募数に、一定数の地域やスポットがあったことから、『個人的に世界遺産にしたい場所ランキング』として公開。その理由なども掲載しています。

1位は約2000年の歴史を持つ三重県の「伊勢神宮」でした。歴史の重みや価値観、そして静かで厳かな雰囲気が訪れた人を魅了しています。

5位には「東京タワー」も

2位は神奈川県の「鎌倉」でした。約11メートルの「鎌倉大仏」、源頼朝ゆかりの「鶴岡八幡宮」などを有する鎌倉は、京都に負けないくらいの歴史と街並みがあると人気があります。

3位には熊本県の「阿蘇」がランクイン。活火山として貴重な存在である阿蘇山と、その周りの景観の美しさが評価されています。4位は圧倒的な存在感を見せる滋賀県の「彦根城」。そして5位が東京都の象徴である「東京タワー」となりました。

まだまだある!個人的に世界遺産スポット

ほかにも、北海道の「五稜郭」「函館の夜景」「摩周湖」、東京都の「浅草寺」、神奈川県の「箱根」、新潟県の「佐渡金山」などが挙げられています。

ランキングでは、トップ5が世界遺産になっていない理由や、回答者の面白い理由なども掲載されています。

(画像はプレスリリースより)

訪日客の地方誘致に重要なのは、まず「知ってもらうこと」。効果的なインバウンドプロモーションを資料で詳しくみてみる

「インバウンド動画プロモーション」を資料で詳しくみてみる

「インフルエンサープロモーション」を資料で詳しくみてみる

「SNSプロモーション」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドメディア」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社 阪神交通社のプレスリリース
https://blog.hankyu-travel.com/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。