コンテンツローカライズを手掛けるミエトランスレーションサービスがブース初出展、無料テキスト診断も:10/24(木)@横浜「第29回JTF翻訳祭2019」

10月24日の「JTF翻訳祭」に初めてブース出展へ

ミエトランスレーションサービス(米耶翻譯股份有限公司)が、「第29回JTF翻訳祭2019」にブース出展をすると、10月7日に発表しました。

ミエトランスレーションサービスは、ゲームの中国語ローカライズを専門に事業展開している会社です。今回、10月24日に神奈川県横浜市(パシフィコ横浜) 会議センターで開催される「第29回JTF翻訳祭2019」に、初めてブース出展します。

「第29回JTF翻訳祭2019」

「第29回JTF翻訳祭2019」

商業翻訳やインバウンド翻訳サポートサービスなどを紹介

ミエトランスレーションサービスはブースにおいて、中華圏および日本向けのインバウンド翻訳サポートや商業翻訳、キャッチコピーをはじめ、ウェブサイト、ゲーム、アプリ、ドラマなどのコンテンツローカライズといった翻訳サービスの提供拡大を図ります。

また、当日は中国語サイトの無料テキスト診断の申し込みも受け付けます。

「第29回JTF翻訳祭2019」への参加申し込みは、参加登録サイト(EventRegist)で可能。料金はJTF会員 セッション聴講が11,000円、非会員 セッション聴講が16,500円、交流パーティーが7,700円で、銀行振込若しくはクレジットカードで支払いができます。

(画像はミエトランスレーションサービス ホームページより)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

ミエトランスレーションサービス プレスリリース
https://docs.wixstatic.com/

ミエトランスレーションサービス トピックス
https://www.mietranslation.com/toipcs

「第29回JTF翻訳祭2019」
http://www.jtf.jp/29thfestival/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。