最もアジアに近い空港「福岡空港」国際線ターミナルはこんなにスゴイ!乗降者数で関空を追いあげる・化粧品&スイーツ&グルメで攻める2019年

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

2019年4月に福岡空港が完全民営化されました。同年3月28日には福岡市地下鉄の駅がリニューアルし、改札から搭乗口までのアクセスが格段に良くなっています。


インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

福岡空港の免税店がリニューアル

2019年7月26日、国際線ターミナルの北川エリアの免税店がリニューアルオープンしました。売り場面積を従来の4倍に広げ、九州各地の特産品やお菓子のほか、全国のおみやげ物や電化製品、便利なトラベルグッズなどを取り揃えています。

また資生堂やカネボウをはじめとする国産化粧品ブランドの取り扱いも新たに開始しています。

免税店は「触って楽しめる」をリニューアルコンセプトとしています。さまざまな商品の販売はもちろん、化粧品や香水のお試しやイベントスペースでの実演、試食といった“体験”を提供することで、出国までの待ち時間を楽しく過ごせる空間に仕上がっています。

国内線ターミナルには九州のスイーツを集結

2019年8月7日には国内線ターミナルの2階に新グルメスポット「SWEETS HALL(スイーツ ホール)」が新たにオープンしています。

福岡のほか熊本や大分など九州各地の人気スイーツ店を集め、空港限定所品などの販売を開始しています。

国内外の玄関口となる福岡空港

▲[国際線の行先]:福岡空港公式サイトより
▲[国際線の行先]:福岡空港公式サイトより

福岡は国内でも最もアジアに近い都市です。特に韓国は東京よりも近く、30分程度の飛行で到着してしまいます。

そのため中国や韓国、台湾を中心にアジアを結ぶ路線が充実しており、格安航空会社LCC)もたくさん就航しているのも特徴です。

福岡の中心部までは空港から地下鉄で5分~10分と利便性が高く、博多や天神といった繁華街では外国人観光客を見かけない日はありません。

海外就航路線は増加傾向

ターミナルは国際線と国内線の間を無料バスが運航しており、国内線への移動もスムーズになっています。国内線は全国33都市と結ばれており、関東や関西はもちろん、四国や北陸、北海道への移動が可能です。

海外就航路線は増加傾向にあり、エアアジアは2019年3月に福岡空港~クアラルンプール国際空港線を、同年7月からは福岡空港~バンコク・ドンムアン空港線を就航させています。また11月には九州唯一となるハワイ直行便が復活する予定です。

増える利用者、住民にも楽しめる空間づくり

福岡空港の乗降客数は年々増加しています。2018年は2,400万人を突破し、過去最高を更新しました。現在では、全国で4番目に利用者が多い空港に成長しています。

福岡空港は旅行者だけでなく、地元の人たちが休日に遊びに行きたくなるような空港を目指して、さまざまなリニューアルが行なわれています。

2017年1月にはおしゃれなフードコート「the foodtimes(ザ フードタイムズ)」を、同年11月には空港で全国の有名店の味が楽しめる「ラーメン滑走路」をオープンさせ、地域の人達が休日に遊びに行く場所としての認知を広める取り組みも行っています。

過密するダイヤには課題も…来年3月には調整が実現?

福岡空港は国内外162都市を結ぶ人気空港ですが、滑走路は1本しかありません。航空機の混雑が著しくなっており、国土交通省は2016年に「混雑空港」に指定して新規就航を制限しています。

現在は2本目の滑走路を建設中で、完成は2024年になる予定です。一方で、航空会社からの新規就航希望は依然として多くなっており、空港側は民営化に際して国交省に発着枠の拡大を要望していました。

国交省は2020年3月下旬以降、福岡空港の発着枠を現在の1時間当たり最大35回から38回へ増やす方向で調整している模様です。

まとめ

世界中の人々との交流が深まるにつれて、空港が果たす役割は年々大きくなっています。

世界中の人々に日本を身近に感じてもらうためにも空港がどんな人にも利用しやすく快適であることが必要です。福岡空港は世界的なニーズにこたえるため、2020年の完成を目指してリニューアルを続けています。

空港の整備がインバウンド市場にもたらす影響は小さくありません。今後の進化にも注視していくべきでしょう。

<参照>

日本経済新聞:福岡空港、来年3月にも発着枠増 国が検討(2019.9.3)

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

訪日ラボおすすめのセミナーや記事をご紹介します。

観光地域づくりに必要な”巻き込み力”とは?実例から学ぶ地域コンテンツの活性化ポイント


訪日外国人数は過去最大を見込んでいる2024年ですが、一方で誘客する企業や地域、自治体などでは今でも多くの課題に臨んでいます。

訪日ラボでも、山梨県(富士山)のオーバーツーリズム対策について、対策の重要性とそれに取り組む関係者の姿勢について取材をしてきたばかりです。

そこで今回は、地域産業や関係者を巻き込むことによって起きた地域活性化について最新のデータや情報をお届けします。

  • "巻き込み力"とは何か
  • 組織や地域で創り上げるコンテンツはどのようなメリットをもたらすのか

など、国内最大級の遊び予約サイト「アソビュー!」の専門家とともにこれからのポイントを徹底解説します!

詳しくはこちらをご覧ください。
観光地域づくりに必要な”巻き込み力”とは?実例から学ぶ地域コンテンツの活性化ポイント


【インバウンド情報まとめ 2024年6月後編】富士山の登山規制・通行料の徴収 7/1から開始 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年6月後半版レポートから、6月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください。

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

富士山の登山規制・通行料の徴収 7/1から開始 / 5月の訪日外国人数304万人、3か月連続で300万人超え【インバウンドまとめ 2024年6月後編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに