中国化粧品小売のTOP企業が参加「China Beauty Summit 2019」12月17~19日に開催:製品への理解促進&中国進出機会を創出(日本美粧協会)

公開日:2019年12月02日

中国の化粧品関連企業と日本の化粧品メーカーが商談も

一般社団法人日本美粧協会(以下、日本美粧協会)が12月17日から12月19日にかけて、東京都港区六本木にある「ベルサール六本木」で、「China Beauty Summit 2019」を開催すると、11月26日に発表しました。

2018年における中国の化粧品市場は日本のおよそ2.5倍まで成長をみせています。JETROが行った調査においては、「化粧品・美容」のカテゴリーで、中国人が「購入したいと思う製品・サービスの原産国」として「日本」を最も多く選び、日本製品への需要が高まっていることも分かりました。

これらを受け日本美粧協会は、中国化粧品小売のTOP企業に対して、日本の高品質な化粧品への理解促進や、日本の化粧品メーカーが中国へ進出する機会創出などを目的に、「China Beauty Summit 2019」を開催。18日には20社以上もの中国の化粧品関連企業と、日本の化粧品メーカーの交流・商談のほか、両国のトレンドや店舗運営について意見交換も行われる予定です。

China Beauty Summit 2019

China Beauty Summit 2019

中国化粧品市場の「“今”がわかる」特別講演も多数開催

「China Beauty Summit 2019」の初日には、トップ店舗経営者、KOLである李佳
琦の店舗運営チームによる「KOL活用方法」や、中国の有名化粧品メーカー・アライドアーキテクツ株式会社による「KOLを活用した日本でできるブランディング」、「TikTok抖音」のマーケターによる「化粧品ブランドの活用方法と成功事例」など、特別講演が多数開催されます。

また、2020年5月19日から21日かけて世界最大規模の美容・化粧品展示会「中国美容博覧会CBE(CHINA BEAUTY EXPO)日本美粧館2020」及び、「美伊大賞2020 コスメアワード日本特別賞」の特別先行案内とスタートセレモニーも行われる予定です。

「China Beauty Summit 2019」は定員300人、入場料は無料。「中国美容博覧会CBE」が共催、JETROが後援していきます。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド最大の中国市場は「旅マエ」にアプローチするのが重要!おすすめのインバウンド対策を資料で詳しくみてみる

「中国向けインフルエンサープロモーション」を資料で詳しくみてみる

「中国向け広告運用」サービスを資料で詳しくみてみる

「Wechatを活用したプロモーション」を資料で詳しくみてみる

「Weiboを活用したプロモーション」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

Peatix 「China Beauty Summit 2019」
https://chinabeautysummit.peatix.com/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。