訪日ムスリム旅行者「温水洗浄便座」認知度はなんと99%!イスラム教義と関係(TOTO調査結果)

公開日:2019年12月13日

日本ではまだあまり知られていないイスラム教徒のトイレ事情とは

TOTO株式会社は、12月9日、「排泄後は排泄部位を水で洗わなければならない」という規範のあるイスラム教徒をターゲットに実施した「訪日ムスリム旅行者のトイレ利用調査」の結果を発表しました。

訪日ムスリム旅行者のトイレ利用調査

訪日ムスリム旅行者のトイレ利用調査

ムスリムの「温水洗浄便座」認知度は99%

調査結果によれば、ムスリムは、自国ではトイレ個室内に設置されているハンドシャワーを、68%の人が使用していることがわかりました。

旅行中でも、教義は厳格に守られており、トイレ利用後に排泄部位を必ず洗うことが判明。洗うのを我慢する人は0%であり、95%が「温水洗浄便座の利用経験あり」とし、そのうち、内82%が「あれば必ず使う」と回答しました。

一方、温水洗浄便座が無い場合を考え、あらかじめ「ペットボトル」を用意し、持ち歩く人が22%。ハンドシャワーの代用を準備していることもわかりました。

また、訪日中における「今後好んで使いたい公共トイレ」と「今後二度と使いたくない公共トイレ」を尋ねたところ、その共通理由は、“清潔性”と“温水洗浄便座付き洋式トイレの有無”。

さらに、排泄後は99%が手洗いを実施しており、うち89%は手洗い時に必ず石けんを使用して、公共トイレの洗面台で手洗いを行っていることが判明しました。

今回の調査から、これまであまり日本では知られていなかったムスリムのトイレ習慣が明らかになりました。トイレ環境の整備は、インバウンドへの「おもてなし」のひとつ。同社は今後も、誰もが気持ち良く過ごせるきれいなトイレの普及に努める考えです。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

TOTO株式会社 プレスリリース
https://jp.toto.com/company/press/2019/12/09_009246.htm

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。