「ベトナム人の旅マエ・旅ナカ行動調査」訪タイ旅行の場合:情報収集はサイトとSNSが圧倒的、次点は親族・知人(アウンコンサルティング)

公開日:2019年12月19日

訪タイベトナム人の傾向とは

アウンコンサルティング株式会社は、「訪タイするベトナム人の旅マエ旅ナカ行動調査」を発表しました。ASEANの中で観光大国として知られるタイ。多く訪れるベトナム人の情報収集の方法、現地での動向などを調べています。

訪タイベトナム人の旅マエ・旅ナカ行動調査

訪タイベトナム人の旅マエ・旅ナカ行動調査

情報収集はホームページとSNS

調査は、過去にタイに行ったことがある18歳から54歳までのベトナム人100人を対象に行われています。

旅マエの情報収集で役に立ったのは、「旅行会社のホームページ」「SNS」が6割を占めています。男性はSNS、女性はホームページが多い傾向にあります。

利用するSNSは「Facebook」が最多で89人、次いで「YouTube」が73人、「Instagram」は28人です。

旅マエ旅ナカとも調べる内容は「観光地の見どころ」でしたが、旅マエでは予約した「航空機・宿泊施設」「現地の交通機関」などが多かったのに対し、旅ナカでは「レストラン・飲食店」「ショッピング」などが多くなっています。

モバイルはタイ・航空会社はベトナム

現地でのモバイル事情は、「モバイルWifi(タイでレンタル)」が39人、「タイのフリーWi-Fi」が38人、「タイでのSIMカード(タイでレンタル)」が36人となり、自国より現地で調達する傾向が高いことが分かりました。

利用する航空会社はベトナム航空が圧倒的で、利用した人のうち支持率は82.6%と高い割合です。今後の利用意向ではベトナムのLCC「Vietjet Air」が25%、タイ国際航空が26%と同率となりました。

(アウンコンサルティング調べ)

(画像はプレスリリースより)

まずは知ってもらう!旅マエに有効なインバウンド集客を資料で詳しくみてみる

「インバウンド動画プロモーション」を資料で詳しくみてみる

「SNSを活用したプロモーション」を資料で詳しくみてみる

「インフルエンサーマーケティング」を資料で詳しくみてみる

「広告プロモーション」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

アウンコンサルティング株式会社のプレスリリース
https://www.auncon.co.jp/corporate/2019/1203.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。