【中国】まだ豊かになっていないのに、高齢化社会が来てしまった…「未富先老」時代に突入した中国経済の希望と問題は?【毎日中国ニュース】

公開日:2019年12月20日

訪日ラボ編集部が、毎日中国現地ニュースから注目のトピックを紹介します。

関連記事
中国の女子は拝金主義?ニュース5選


高齢化社会を乗り越えろ!カギは「シルバーエコノミー」

キーワード:高齢化社会、小売り、サービス業

中国も少子高齢化問題を無視できない状況に徐々になりつつあります。

主要な先進国が抱えている問題に、中国も向き合う時期が来たことを広い世代で認識しつつあります。同時に、中国は一人当たりGDPで見ると発展途上国でもあります。こうした状況は全体未聞と言えるでしょう。

中国語ではこうした状況を指して「未富先老」という言葉が生まれました。「まだ豊かになっていないのに、高齢化社会が来てしまった」とう意味です。

「未富先老」時代をうけて、『銀色経済 高齢化社会の中国 シルバーエコノミー』(银色经济 老龄化社会的中国 SILVER ECONOMY)が発売されました。中国は高齢化社会に対していかに対応するべきかを論じた本で、ニュースサイト「中国金融ニュースネット」では注目すべき本として紹介されています。

▲[『銀色経済 高齢化社会の中国シルバーエコノミー』]:中国金融新闻网 2019月12月13日
▲[『銀色経済 高齢化社会の中国シルバーエコノミー』]:中国金融新闻网 2019月12月13日

高齢化社会で期待できるもの

高齢化社会は様々な問題をもたらす一方、新たな市場も生み出していきます。

サービス産業では、老人向けの家事代行業、生涯教育、大人の習い事といった分野での顧客層の拡大が考えられるでしょう。

小売の分野でも、祖父母が孫のために玩具などを買うことが期待され、消費の拡大も期待できます。

2030年の高齢者の消費は18兆元(280兆円)、2050年には61兆元(951.6兆円)となるという試算もあります。同書ではこうした新たなビジネスチャンスについて、また先行研究や社会保障改革などの議論を紹介しています。


関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!