欧米豪インバウンド、買い物「コンビニ」で十分:中華圏との違い浮き彫りに

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

「訪日ラボ」の最新インバウンドノウハウが配信されるメルマガに登録する

中華圏と欧米豪圏のインバウンドで比較

株式会社LIFE PEPPERは、1月24日、東京都内での訪日外国人観光客の消費に関するアンケート調査」を実施した結果を発表しました。

なお、調査実施時期は、2019年12月19日~12月20日。10~60代の訪日中の外国籍男女に街頭調査を行い、欧米豪圏46、中華圏100、合計146サンプルを集計しました。

訪日旅行中の消費に関する調査

訪日旅行中の消費に関する調査

インバウンドにとって人気のエリアは新宿

調査によると、「買い物」の平均消費金額は、中華圏が5万9,820円、欧米豪圏が1万772円と、消費差額は約6倍にのぼることがわかりました。

中華圏では、平均消費金額は「百貨店・デパート」が、10万667円と最も高い結果となった一方、利用率でみると、「ドラッグストア」が31%と、「百貨店・デパート」の30%を上回る結果となりました。

一方で、「家電量販店」の利用率は12%にすぎず、家電をもはや爆買いする中華圏の観光客は減少傾向になったと考えられます。

欧米豪圏では「コンビニエンスストア」の利用率が最も高く、中華圏の観光客とは、買い物に関する考え方の違いが浮き彫りになりました。

「宿泊」では、中華圏、欧米豪圏いずれも「ビジネスホテル」が利用率でトップ。一方、「Airbnb」「民泊」の存在感も強まりつつあることがわかりました。

なお、人気のエリアランキングでは、「買い物」「サービス」「宿泊」「満足度」と、すべての項目で「新宿エリア」がトップを独占したことが今回の調査で明らかになりました。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社LIFE PEPPER プレスリリース
https://lifepepper.co.jp/news/inbound-data/

訪日ラボおすすめのセミナーをご紹介

インバウンド市場の最新動向がわかる訪日ラボおすすめのセミナーをご紹介します。

2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション

昨年12月、JTBが2024年の旅行動向見通しを発表し、 訪日外国人旅行者がコロナ前の2019年を上回る過去最多の3,310万人に達するとの予測を立てました。

インバウンド市場が回復の動きを見せる中、訪日外国人を集客するために、どのような対策をすべきかお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで本セミナーでは、訪日外国人の集客支援を行う2社にて、 2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション成功のポイントを独自の視点から紐解いていきます。

【訪日外国人の行動データと口コミデータで紐解く】2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに