通訳オペレーターが指導、インバウンド対応に使える「オンライン外国語学習サービス」中国語・英語を提供

公開日:2020年03月13日

“生きた外国語”を学ぶチャンスが身近に

株式会社インデンコンサルティングは、3月9日より、同社が提供するリアルタイム通訳サービス「スマイルコール」の通訳オペレーターによる、「オンライン外国語学習サービス」をスタートしました。

「スマイルコール」は、英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語・タイ語の6言語によるテレビ通訳。24時間365日、サービスを提供しており、これまでの利用導入実績は、1万4000施設以上にのぼります。

リアルタイム通訳サービス「スマイルコール」

リアルタイム通訳サービス「スマイルコール」

オンライン学習を通じて苦手だった外国人への接客に自信を

今回、同社は、スマイルコールを導入している施設より、外国語研修に関する相談を受けたことをきっかけに、中国語および英語のオンラインでの語学学習サービスを開始することを決めました。

同サービスの利用方法は、例えば、スマイルコールによる通訳を利用している施設の場合では、顧客がいない時間等を活用。インバウンドに説明したい内容やインバウンド対応を、オンラインで学習できます。

務める講師は、厳格な同社の採用基準を突破したスマイルコールの通訳オペレーター。これまで、外国人対応に苦手意識を持っていた人でも、安心して手軽に学ぶことが可能です。

なお、「オンライン外国語学習サービス」は、スマイルコール導入の有無にかかわらず利用できます。サービス対応時間は、8:00~22:00です。

(画像はイメージです)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社インデンコンサルティング プレスリリース
https://smilecall.co.jp/news/release/20200305_1.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。