リゾートホテルから遍路宿まで愛媛県内宿泊施設のインバウンド受け入れ環境を調査、課題は「キャッシュレス対応&SNS発信」(日本政策投資銀行)

公開日:2020年03月17日

ホテルや遍路宿、あらゆるタイプの宿泊施設の受け入れ環境を調査

株式会社日本政策投資銀行は、3月13日、一般社団法人愛媛県観光物産協会の協力のもとに実施したアンケート結果をまとめた「愛媛県インバウンド客受け入れ環境調査報告書」を発表しました。

愛媛県インバウンド客受け入れ環境調査報告書

愛媛県インバウンド客受け入れ環境調査報告書

宿泊施設の抱える課題は「言語面」

調査結果によると、インバウンドの属性で「個人客が多い」と回答した愛媛県の宿泊施設は75.5%インバウンドが集中する時期は、地域によって異なりますが、多くが、「4~5月の桜の季節」、「10~11月の紅葉時期」と回答しました。

調査では、宿泊施設とインバウンドニーズとの間でミスマッチが判明。「主要ターミナルや観光地へのシャトルバス」「周辺観光地へのツアーやツアーガイドの手配」「日本文化の体験」など、アクセスや観光資源にミスマッチが見受けられました。

宿泊施設のWi-Fi整備については、半数以上の施設が「対応済み」と回答。しかし、キャッシュレス対応については、20%を下回り、SNSや口コミサイトを利用している施設もそれぞれ30%、20%を下回りました。

なお、宿泊施設が抱える課題は「言語面」に関するものが多いことも明らかに。「外国語でインバウンド対応できるスタッフの常駐」について課題意識を持つ宿泊施設は、全体の15.8%にのぼりました。

また、言語面以外でも、「災害時における対応」「医療機関紹介への対応」もあげられました。

今後注力する国や地域については、「台湾」をはじめとするアジア圏をあげた宿泊施設が多いことも判明。アジア圏からの集客を図るには、今後、英語以外の言語も検討していく必要があると考えられます。

(画像はイメージです)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社日本政策投資銀行 プレスリリース
https://www.dbj.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。