中国人観光客 前年比88%減。訪日客全体は58%減で108.5万人に:2月のインバウンド 新型コロナの影響色濃く

JNTO(日本政府観光局)の発表によれば、2020年2月の訪日外客数は、前年同月比58.3%減の108.5万人となりました。なかでも訪日中国人観光客は前年同月比87.9%減となりました。新型コロナウイルスの影響を色濃く受けた格好になりました。

2月の訪日客大きく減少、新型コロナウイルスの影響で

2020年2月 訪日外客数:JNTOより
2020年2月 訪日外客数:JNTOより

新型コロナウイルスの感染拡大が始まった2020年1月は、前年比1.1%減の266.1万人と持ちこたえましたが、2020年2月はその影響を色濃く受け、市場全体で58.3%減の108.5万人となりました。実数として150万人以上の減少となりました。

関連記事
最新の新型コロナの感染状況は?「コロナマップ」まとめ
ついに中国湖北省で新感染者ゼロ!武漢封鎖後、初の快挙!

消えた64万人の訪日中国人観光客

2020年2月 国籍別訪日外客数:JNTOより
2020年2月 国籍別訪日外客数:JNTOより

市場の中で最も新型コロナウイルスの影響を受けたのは中国で、2019年2月の72.4万人に対して2020年2月は87.9%減となる8.7万人に。実数として約64万人の訪日中国人観光客を失ったことになります。

訪日中国人観光客1人あたりの旅行支出はおよそ22.5万円(2018年年間値実績)ですので、中国市場だけでも概算として1,440億円の損失(※前年比)が発生しています。

新型コロナウイルスの感染拡大に関連し、1月27日からは中国政府の通達により、団体ツアー及び航空券とホテルのパッケージ商品の販売が禁止されていること、そして一時運休・減便による航空座席供給量の減少、クルーズの運航停止が要因として挙げられています。さらに、中国最大の旅行シーズン「春節」が、2019年が2月だったのに対し、今年は1月になったことによる反動減も後押しした格好です。

関連記事
安倍首相「ストレス解消に屋外へ」「オリンピック予定通り」会見で
IOC、東京オリンピック2020中止の憶測は「非生産的」と非難

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!