聖火リレー中止、東京オリンピック延期を受け:聖火やチケット、選手への影響は

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

新型コロナウイルスのパンデミックを受け、東京オリンピック(五輪)・パラリンピックは2021年7月~8月での開催が決定しました。

両大会の2020年の開催が決定される10日前の3月14日には、ギリシャ聖火リレー中止が決定しました。

この時点では予定通り3月26日から、聖火リレーを実施することが大会の公式サイトに表明されていましたが、3月24日のオリンピック・パラリンピックの開催延期発表を受け、福島県で26日から開始予定だった日本国内の聖火リレーの中止も決定しました。

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

2021年の夏までに「TOKYO 2020」を開催

3月24日、オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の森喜朗会長と武藤事務総長が記者会見を開きました。

記者会見では、遅くとも2021年の夏までに東京オリンピック・パラリンピック開催を予定し、名称は「TOKYO 2020」のまま変更はないと決定したと発表されました。

3月26日から開始を予定していた聖火リレーは中止が決定され、そのほかのことに関しては、今後速やかに関係各社と協議していく方針としました。

聖火ランナーを初め、出場資格を獲得したアスリート、東京オリンピック開催に協力するボランティアなどへの対応は、彼らの意思を可能な限り尊重していきたいとしています。

【速報】東京オリンピック、1年延期で合意「名称はTOKYO 2020のまま」…2021年夏までに開催を

※新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京オリンピック(五輪)・パラリンピックは1年程度の延期が決定しました。詳細な日程、選考基準などは、公式情報が発表され次第、順次更新します。安倍晋三首相は24日夜、7月24日から開催予定の東京オリンピック・パラリンピックの開催について、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と電話で会談し、東京オリンピック・パラリンピックの開催を1年ほど延期する方針で一致しました。目次史上初の「延期」遅くとも2021年の夏までに五輪を開催、名称は「TOKYO 20...

聖火リレーは中止、2021年に実施

2020年の聖火リレーの開催は見送られることになりました。聖火リレーは延期後の日程が決定した後、2021年に開催されます。

森会長は、聖火の保管や展示に関しての質問に対し、「現状は確定していませんが、安倍総理からの提案で福島県での保管検討をしている」と話しました。

ただし、東京オリンピック開催まで福島県で保管するかは決定していないとのことです。

購入済みのチケットは?

武藤事務総長はチケットに関する質問に対し、基本方針としては、出来るだけ入手した人、ボランティアの資格を得た人に対して十分に配慮した方法をとっていきたいとしています。

「現時点では同じ競技が行われる予定であるが、開催日が違うことによって観覧できない可能性もあるため、ご迷惑をおかけしないような対応をしていきたい」としています。

7月には、希望者を対象にチケットの払い戻しを受け付ける方針であることが発表されています。

東京オリンピック延期でチケットは払い戻し受け付けの方向 希望者対象、開始は秋以降の方針

2020年3月24日夜、安倍首相と国際オリンピック委員会(IOC)バッハ会長の間で電話会談が開かれ、2020年東京オリンピック、パラリンピックを1年程度延期する方針で一致したことが伝えられました。新型コロナウイルスの世界的感染拡大は収束が見えず、3月24日時点で合計33万1,129人が感染、1万4,462人の死亡が伝えられています。こうした状況を受け、両大会延期の方針となりました。2020年7月17日と8月3日にはそれぞれ、延期された東京オリンピック、パラリンピックの日程が発表されました。...


中止or延期?東京オリンピックは「また」幻になるのか:過去の五輪中止の歴史と経済損失予測を整理

新型コロナウイルスの流行が影響し、今年夏に開催を予定している東京オリンピックにも中止の噂が流れています。しかし、もしオリンピックが中止となれば、その前後に見込まれていた様々な業界での経済的成長が阻まれ、多大な損失が発生することは明らかです。多くの関係者が予定通りの開催へと向けて動いていますが、コロナウイルスの蔓延度によっては最悪の事態も考慮しなければなりません。3月23日には残念ながら、カナダのオリンピック委員会(COC)により、2020年東京オリンピック・パラリンピックに同国の選手団を派...

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

訪日ラボおすすめのセミナーや記事をご紹介します。

観光地域づくりに必要な”巻き込み力”とは?実例から学ぶ地域コンテンツの活性化ポイント


訪日外国人数は過去最大を見込んでいる2024年ですが、一方で誘客する企業や地域、自治体などでは今でも多くの課題に臨んでいます。

訪日ラボでも、山梨県(富士山)のオーバーツーリズム対策について、対策の重要性とそれに取り組む関係者の姿勢について取材をしてきたばかりです。

そこで今回は、地域産業や関係者を巻き込むことによって起きた地域活性化について最新のデータや情報をお届けします。

  • "巻き込み力"とは何か
  • 組織や地域で創り上げるコンテンツはどのようなメリットをもたらすのか

など、国内最大級の遊び予約サイト「アソビュー!」の専門家とともにこれからのポイントを徹底解説します!

詳しくはこちらをご覧ください。
観光地域づくりに必要な”巻き込み力”とは?実例から学ぶ地域コンテンツの活性化ポイント


【インバウンド情報まとめ 2024年6月後編】富士山の登山規制・通行料の徴収 7/1から開始 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年6月後半版レポートから、6月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください。

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

富士山の登山規制・通行料の徴収 7/1から開始 / 5月の訪日外国人数304万人、3か月連続で300万人超え【インバウンドまとめ 2024年6月後編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに