【速報】東京オリンピック、1年延期で合意「名称はTOKYO 2020のまま」…2021年夏までに開催を

※新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京オリンピック(五輪)・パラリンピックは1年程度の延期が決定しました。詳細な日程、選考基準などは、公式情報が発表され次第、順次更新します。

安倍晋三首相は24日夜、7月24日から開催予定の東京オリンピック・パラリンピックの開催について、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と電話で会談し、東京オリンピック・パラリンピックの開催を1年ほど延期する方針で一致しました。

史上初の「延期」

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を踏まえ、東京オリンピック・パラリンピックの延期で合意することになりました。IOCは、22日に「五輪について延期について4週間以内に結論を出す」との方針を出していましたが、結論が繰り上げで出されることとなりました。

過去、夏季オリンピック・パラリンピックは3回「中止」の歴史がありますが「延期」となったのはこれが史上初のことになります。

中止or延期?東京オリンピックは「また」幻になるのか:過去の五輪中止の歴史と経済損失予測を整理

新型コロナウイルスの流行が影響し、今年夏に開催を予定している東京オリンピックにも中止の噂が流れています。しかし、もしオリンピックが中止となれば、その前後に見込まれていた様々な業界での経済的成長が阻まれ、多大な損失が発生することは明らかです。多くの関係者が予定通りの開催へと向けて動いていますが、コロナウイルスの蔓延度によっては最悪の事態も考慮しなければなりません。3月23日には残念ながら、カナダのオリンピック委員会(COC)により、2020年東京オリンピック・パラリンピックに同国の選手団を派...


遅くとも2021年の夏までに五輪を開催、名称は「TOKYO 2020」のまま

詳細な日程はこれから調整となるとのことですが、遅くとも2021年の夏までに五輪を開催する方向で、安倍首相・バッハ会長間で合意したとのことです。なお、電話会談に同席した小池東京都知事によれば「名称はTOKYO 2020のままでいくというお話でございました」とのこと。

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!