便座やドアノブなめる「#コロナチャレンジ(#CoronaChallenge)」がSNSで流行…危険な”悪ふざけ”

公開日:2020年03月25日

世界中で新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大が広がる中、「#コロナチャレンジ(#CoronaChallenge)」と称して、海外のネットユーザーが不衛生な行為をSNSに投稿するケースが増えています。英語圏では、「COVID-19」と「IDIOT(バカ)」を組み合わせた「Covidiot」という造語も生まれました。

新型コロナウイルスをめぐる悪ふざけ動画とその危険性についてお伝えします。

「#コロナチャレンジ(#CoronaChallenge)」

海外を中心に「#コロナチャレンジ(#CoronaChallenge)」というハッシュタグが、TwitterなどのSNS上で急増しています。多くは新型コロナウイルスを引き合いに出した悪ふざけ動画を投稿して注目を集めようとするものです。その主な投稿をご紹介します。

トイレの便座を舐める

イギリスのデイリー・スター紙は3月15日、動画共有アプリTikTokで20代の女性が飛行機内のトイレと思われる場所で、便座を舐める動画を投稿したと伝えました。投稿には「coronavirus challenge」というキャプションが付けられており、女性は便座を舐めた後にピースサインを示していました。

感染拡大を引き起こしかねない危険な行為として、多くの非難を集めています。

ドアノブを舐める

不特定多数の人が触れるドアノブは、ウイルスの付着しやすい場所とされています。あろうことか、悪ふざけでそのドアノブを舐めるという動画が多数投稿されています。

トイレットペーパーでリフティング

さらに「トイレットペーパーチャレンジ」もSNS上で流行しています。これは、トイレットペーパーのロールをサッカーボールに見立て、何回リフティングできるかチャレンジする動画を投稿するというものです。

日本代表選手や、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ選手、元ブラジル代表MFフェリペ・メロ選手などの有名サッカー選手も動画を投稿するなど、注目を集めています。

コロナビール一気飲み

新型コロナウイルスとは無関係であるのにもかかわらず、「コロナ」という名前が付いているというだけで風評被害に遭っている「コロナビール」。そのコロナビールを一気飲みするという動画も多数投稿されています。

コロナビールを応援するという意図があるのかもしれませんが、アルコールの一気飲みは非常に危険です。短時間で大量のアルコールを摂取することで一気に血液中のアルコール濃度が高くなり、急性アルコール中毒を引き起こすリスクがあります。

英語圏で造語「Covidiot」誕生

1999年に開設されたアメリカのオンライン辞書サイト「Urban Dictionary」には、「Covidiot」という言葉が登録されました。新型コロナウイルスの正式名称である「COVID-19」と、「バカ」を意味する「IDIOT」を組み合わせた造語です。

周囲への迷惑を顧みずにトイレットペーパーなどの日用品の買いだめを行う人や、公衆衛生上の警告を無視する人などを指すスラングで、悪ふざけ動画を投稿する人に対しても使用されています。

【新型コロナ】デマに振り回される人そうでない人の違い:過剰反応や過剰萎縮はデメリットだらけ

安倍総理大臣は2月27日、3月2日から全国すべての小学校・中学校・高校などへ、春休みに入るまで臨時休校とするよう要請する考えを示し、各学校は対応に追われています。2月28日には東京ディズニーランド・東京ディズニーシー、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが2月29日から3月15日まで休業すると発表し、注目が集まっています。それだけではなく、新たなデマ情報がSNSなどを通じて拡散され、多くの人々が混乱に陥っています。関連記事韓国版「マスクマップ」登場!アメリカ、フランスのディズニーも続々閉鎖!新...

Twitterは不適切な動画への対策を強化

一方Twitter Japanは3月23日に公式ブログを更新し、新型コロナウイルスに関するデマなどへの対策として、対応策を強化することを明らかにしています。公衆衛生に関する関係当局からのガイダンスに反するような投稿に対しては、削除要請を行い、強制的な対応を取っていくとしています。

特に便座やドアノブを舐めるといったような公衆衛生上の問題がある投稿は、新型コロナウイルスの感染をさらに拡大させる危険があります。一日も早い新型コロナウイルス収束のため、このような動画を投稿しないことはもちろん、シェアなどの拡散行為も控える必要があるでしょう。

Twitterのデマ対策、インフォデミック防止なるか?Twitterが定義するNG投稿

日本国内で連日感染の拡大が報道され続ける新型コロナウイルス(COVID-19)は、いまだ収束のめどが見えていません。人気のSNSサービス「Twitter」上では、日々新型コロナウイルスに関する様々な情報が飛び交っています。新型コロナウイルスをめぐっては、悪質なデマがしばしば問題になっており、Twitter上でもデマが拡散されるケースが問題となってきました。これに対し、Twitterの運営側は対策を強化することを明らかにしました。今回はTwitterのデマ対策と、違反した場合にどうなるかにつ...


<参照>

Daily Star:Coronavirus TikTok challenge sees woman lick toilet seat in ‘disgusting’ video

Football ZONE web:ブラジル悪童MF、“トイレットペーパーチャレンジ”と思いきや…唐突な凶悪タックルに反響

アサヒビール:急性アルコール中毒の原因・症状

Urban Dictionary:Covidiot

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!