在住外国人の悩み1位「言葉の不自由」、9割以上が「日本語学びたい」と回答: 横浜市外国人意識調査

横浜市は、3月31日、満20歳以上の市内在住外国人を対象に行った「横浜市外国人意識調査」の結果を発表しました。

この記事では、調査の結果をご紹介します。

多言語表記で生活意識やニーズを調査

同調査の調査期間は、昨年11月~12月。郵送によるアンケート方式で、調査票は日本語、英語、中国語、韓国語、ベトナム語、ネパール語の6言語を表記し、1,764件(回収率35.3%)を回収しました。

横浜市外国人意識調査

横浜市外国人意識調査

暮らしに満足するも、困るのは言葉の不自由さ

調査結果によると、「現在の暮らしへの満足度」については、「満足している」「やや満足している」と回答した人が64.1%にのぼりました。

また、「やってみたい地域活動は何か(複数回答可)」については、「日本に来たばかりの外国人の支援」が36.7%で、トップにランクイン。2位が「言語を教える」32.4%、3位が「通訳・翻訳をする」31.0%と続きました。

一方、「困っていることや心配なこと(複数回答可)」を尋ねたところ、「日本語の不自由さ」が29.8%で1位にランクイン。2位は「病気になった時の対応・病院で外国語が通じない」で、19.3%でした。

なお、「日本語の不自由さに困っている人」の日本語への学習意欲については、「積極的に学びたい」「機会があれば学びたい」「無料なら学びたい」を合計すると、91.1%にのぼることが判明。

これらの調査結果を受け、横浜市では今後、多言語対応を進めると同時に、日本語習得支援等に取り組むことで、外国人材の受け入れ・共生を推進していきたいとしています。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

横浜市 プレスリリース
https://www.city.yokohama.lg.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。