在住外国人の悩み1位「言葉の不自由」、9割以上が「日本語学びたい」と回答: 横浜市外国人意識調査

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

横浜市は、3月31日、満20歳以上の市内在住外国人を対象に行った「横浜市外国人意識調査」の結果を発表しました。

この記事では、調査の結果をご紹介します。

「訪日ラボ」の最新インバウンドノウハウが配信されるメルマガに登録する

多言語表記で生活意識やニーズを調査

同調査の調査期間は、昨年11月~12月。郵送によるアンケート方式で、調査票は日本語、英語、中国語、韓国語、ベトナム語、ネパール語の6言語を表記し、1,764件(回収率35.3%)を回収しました。

横浜市外国人意識調査

横浜市外国人意識調査

暮らしに満足するも、困るのは言葉の不自由さ

調査結果によると、「現在の暮らしへの満足度」については、「満足している」「やや満足している」と回答した人が64.1%にのぼりました。

また、「やってみたい地域活動は何か(複数回答可)」については、「日本に来たばかりの外国人の支援」が36.7%で、トップにランクイン。2位が「言語を教える」32.4%、3位が「通訳・翻訳をする」31.0%と続きました。

一方、「困っていることや心配なこと(複数回答可)」を尋ねたところ、「日本語の不自由さ」が29.8%で1位にランクイン。2位は「病気になった時の対応・病院で外国語が通じない」で、19.3%でした。

なお、「日本語の不自由さに困っている人」の日本語への学習意欲については、「積極的に学びたい」「機会があれば学びたい」「無料なら学びたい」を合計すると、91.1%にのぼることが判明。

これらの調査結果を受け、横浜市では今後、多言語対応を進めると同時に、日本語習得支援等に取り組むことで、外国人材の受け入れ・共生を推進していきたいとしています。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

横浜市 プレスリリース
https://www.city.yokohama.lg.jp/

訪日ラボおすすめのセミナーをご紹介

インバウンド市場の最新動向がわかる訪日ラボおすすめのセミナーをご紹介します。

2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション

昨年12月、JTBが2024年の旅行動向見通しを発表し、 訪日外国人旅行者がコロナ前の2019年を上回る過去最多の3,310万人に達するとの予測を立てました。

インバウンド市場が回復の動きを見せる中、訪日外国人を集客するために、どのような対策をすべきかお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで本セミナーでは、訪日外国人の集客支援を行う2社にて、 2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション成功のポイントを独自の視点から紐解いていきます。

【訪日外国人の行動データと口コミデータで紐解く】2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに