コロナ対策「混雑マップ」続々登場!3密回避に貢献:オーバーツーリズム解消にも活用可能か

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、「3密(密閉・密集・密接)」の回避が提唱されています。小売店の店内では、レジ前にビニールの仕切りを設置する、並ぶ際に前の人との間隔を空けるよう呼びかけるといった取り組みを実施しています。

これを受けて、顧客側でも混雑を回避できるよう、スマートフォンなどで混雑状況がわかるサービスが次々と登場しました。

関連記事
閑散とする京都、中国人激減で起きた意外な現象とは?ウィズコロナを生き抜く現地の取り組みも紹介

「訪日ラボ」の最新インバウンドノウハウが配信されるメルマガに登録する

混雑情報が一目でわかるマップ、続々登場

ドコモ

株式会社NTTドコモは、ドコモ地図ナビのサービス上で、混雑状況が一目でわかる機能「混雑度マップ」を期間限定で無料公開しています。

この機能では全国の混雑状況を表示でき、特定エリア内の最短1時間前から24時間前までの推移を見られます。

▲[ドコモ地図ナビ・混雑度マップ]:株式会社NTTドコモ
▲[ドコモ地図ナビ・混雑度マップ]:株式会社NTTドコモ

unerry「お買い物混雑マップ」

リアル行動データプラットフォーム「Beacon Bank」を運営する株式会社unerryは、全国のスーパー、ディスカウントストア、ホームセンター、ドラッグストア約2.8万店舗の店内・周辺の混雑状況を確認できる無料サイト「お買物混雑マップ Powered by Beacon Bank」を公開しています。

このサイトでは具体的な店舗名を検索でき、その店舗と周辺の混雑状況が時間ごとに色分けで表示され、直近1週間分の混雑状態がわかります。

▲[お買い物混雑マップ]:株式会社unerry プレスリリース
▲[お買い物混雑マップ]:株式会社unerry プレスリリース

VACAN

株式会社バカンは、スーパーやドラッグストアのリアルタイムでの混雑状況を確認できるサービス「VACAN」を提供しています。

このサービスには、混雑状況の配信だけでなく、安全に入場制限が行えるようスマートフォン上で受付番号を発行し、順番が近づくと通知を送信する機能もあります。

▲[リアルタイムの混雑状況がわかる「VACAN」]:株式会社バカン プレスリリース
▲[リアルタイムの混雑状況がわかる「VACAN」]:株式会社バカン プレスリリース

ヤフーは1月に終了した「混雑レーダー」を再開

ヤフー株式会社はアプリ「Yahoo! MAP」及びウェブ版「Yahoo!地図」において、今年1月末に終了した「混雑レーダー」の提供を再開しました。

このサービスではエリアやターミナル駅周辺の混雑状況を表示しており、2時間前から26時間前までの混雑状況推移をアニメーションで見ることができます。

▲[混雑レーダーの提供再開]:ヤフー株式会社 プレスリリース
▲[混雑レーダーの提供再開]:ヤフー株式会社 プレスリリース

Googleマップ上で混雑状況を提供する企業も

Googleマップ上で混雑状況を提供し、利用者に確認するよう推奨している店舗もあります。

スーパーマーケットの「オーケー」、「ライフ」は、店舗ごとの混雑情報をGoogleマップに反映し、スーパーの利用者にGoogleマップ上で確認するよう呼びかけています。

「混雑マップ」、観光地での混雑解消にも活用可能か

新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着き、観光が可能になっても、感染リスクがゼロになるのはかなり先のことになるでしょう。観光地での混雑は、新型コロナウイルスの発生前以上に忌避されるようになると考えられます。

観光スポットの混雑状況がわかるサービスがあれば、感染リスクを抑えながら観光することが可能になるでしょう。

また、混雑状況の提供は、観光公害の対策にもなり得ます。

新型コロナウイルス発生前には、訪日外国人数が右肩上がりで伸びており、2019年の訪日外国人数は3188万人でした。

訪日外国人が増えることでインバウンド消費の恩恵を受けられる一方で、交通機関の混雑やゴミ問題などの観光公害も起こります。観光公害が発生すると、地元住民の生活に悪影響が出るだけでなく、観光客がスムーズに観光できないといった問題が発生します。

今回紹介したようなサービスで混雑状況が提供されれば、溢れかえっていた観光客が分散し、地元住民の負担や観光客の不満も減るでしょう。

<参照>

訪日ラボおすすめのセミナーをご紹介

インバウンド市場の最新動向がわかる訪日ラボおすすめのセミナーをご紹介します。

2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション

昨年12月、JTBが2024年の旅行動向見通しを発表し、 訪日外国人旅行者がコロナ前の2019年を上回る過去最多の3,310万人に達するとの予測を立てました。

インバウンド市場が回復の動きを見せる中、訪日外国人を集客するために、どのような対策をすべきかお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで本セミナーでは、訪日外国人の集客支援を行う2社にて、 2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション成功のポイントを独自の視点から紐解いていきます。

【訪日外国人の行動データと口コミデータで紐解く】2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに