中国「正規では初」ポケモンゲーム発売・IT大手テンセントと共同開発:中国ゲーム市場の転換点となるか

公開日:2020年07月02日

6月24日、ポケモン株式会社は、中国のIT企業テンセントと共同開発している新作ゲーム『Pokémon UNITE(ポケモンユナイト)』を発表しました。

これまで中国のゲーム市場は、日本が切り込めなかった領域であり、ポケモンが正規に登場するゲームは、これまでに中国本土では発売されていません。

ポケモンユナイトの販売により、日本発のゲームが公式に中国で販売できる可能性が現実的になってきました。


「ポケモンユナイト」発売

6月24日、任天堂が出資するゲーム企画会社「ポケモン」は、中国IT企業大手テンセントと共同でゲーム「ポケモンユナイト」を開発中であることを発表しました。

一部課金もあるものの基本プレイは無料で、5対5に分かれたプレーヤーが対戦し、相手のポケモンキャラを倒すなどして制限時間内に獲得した得点を競うというものです。

任天堂の家庭用ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」とスマートフォン向けに販売され、配信時期は改めて発表される予定です。

共同開発は中国大手テンセントの子会社

ポケモンユナイトの共同開発が進められているのは、テンセント傘下のテンセントゲームズの開発スタジオ「Timi Studios(天美工作室群)」です。

▲[天美工作室公式サイト]:編集部キャプチャ
▲[天美工作室公式サイト]:編集部キャプチャ


天美工作室は、中国では知らない人がいない有名スマホゲーム「王者栄耀」の開発も手掛けている著名なスタジオです。

王者栄耀は、基本プレイ無料のMOBA(マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ)ゲームで、今年で4年目を迎えます。

MOBAとは、オンラインゲームのジャンルのひとつで、複数のプレイヤーが3対3などのチームに分かれ、味方と協力しながら敵の本拠地を破壊して勝利を目指すことです。

ポケモンユナイトも同じMOBAであり、ポケモンユナイトが発表された6月24日から25日にかけて、キーワード「MOBA」がGoogleトレンドに急浮上しました。

中国版Switchで遊べる任天堂ソフトは「マリオ3作品」だけ

中国のゲーム市場においてスマートフォン向けが6割を占める中、任天堂は2019年12月にテンセントと提携してニンテンドースイッチの中国販売に乗り出しました。

中国でゲームを販売するためには、中国当局の厳しい検閲をクリアする必要があり、中国でプレイできる任天堂のソフトは「New スーパーマリオブラザーズ U デラックス」「スーパーマリオ オデッセイ」「マリオカート8 デラックス」のわずか3タイトルにとどまっています。

中国国内に流通させるコンテンツは政府からの認可が必要で、厳しいコンテンツ審査にかけられます。中国版のニンテンドースイッチでは、海外版のソフトのダウンロードも制限されています。

任天堂は、ポケモンユナイトがヒットすれば、ニンテンドースイッチの販売数にも寄与すると見込んでおり、大手企業であるテンセントには、検閲にあたって政府との調整役も期待しているとみられます。

また中国当局は、ゲームの中で当局の規制が及ばない事態を危惧しており、3月に発売された「あつまれ どうぶつの森」は、ゲーム内で民主化運動が芽生える恐れがあるとして中国本土での流通が禁止されました。

中国は、検索エンジンやSNSなどのネットサービスでも、外資をシャットアウトすることによって自国産業を成長させてきました。ゲーム産業も同様の戦略で市場を確保していく狙いもあるでしょう。 

中国で「あつ森」「プーさん」が"消される"ワケ:香港統制・ネット規制激化の影響、日本にも

香港では、2019年3月末より現在に至るまで民主化運動が続いています。この運動の原因となった「逃亡犯条例」は昨年10月に撤回されましたが、その過程で香港警察の激しい弾圧により多くの負傷者が生まれました。2020年5月には国家安全法の導入も決定され、中国政府による香港への介入は厳しさを増しています。一方、中国本土では民主化運動すら発起できないほどに言論が統制されており、インターネットの普及に伴い統制の程度も年々厳しくなっています。最近ではゲーム『あつまれ どうぶつの森』が自由度の高さを危険視...


中国でのニンテンドースイッチ販売価格は?

ニンテンドースイッチは、中国のインターネット上で正規ではないとみられる転売が行われており、こうした製品は1点1,500元(約2万3,000円)ほどで販売されています。

正規ルートでの販売価格は、その倍の3,000元(4万6,000円)程度です。

中国のECサイトで販売されているニンテンドースイッチ
▲[ECサイト京東で販売されるNintendo Switch]:編集部キャプチャ

昨年も、日本国内の家電量販店ではニンテンドースイッチを買い求める団体の中国人観光客の姿が都内では見られていました。こうして訪日旅行時に買い求めたり、あるいはたくさん購入できた場合には転売されている可能性もあると考えられます。

京都ヨドバシ「転売目的の外国人には売りません!」中国人バイヤーらとトラブルに:エヴァ新作フィギュア巡り攻防

経済成長著しく、国内の経済格差も残る中国では、「欲しいに対してはいくらでも払う」という消費者も珍しくありません。そして、欲しいものは中国国外であっても手に入れたいと考える人も少なくありません。そんな中国人が好きな日本製品と言えば、化粧品や医薬品・医療サービス、そしてアニメです。古くは「一休さん」「聖闘士星矢」、その後は「ドラゴンボール」そして「ワンピース」などなど、数え切れぬ日本のアニメ作品が中国人を熱狂させています。コンテンツだけでなく、グッズやコンセプトカフェといった体験型の関連商品に...


ポケモンユナイトは中国ゲーム市場の転換点となるか

中国では当局の厳しい検閲により、海外でも高い人気を誇る日本のゲームをプレイすることが難しい面があります。

一方で娯楽を求める中国人からのゲームに対する需要は高く、中国でのゲーム市場は世界最大級に成長しており、中国人の「日本製品へのあこがれ」も確かに存在します。

中国当局と調整し、厳しい検閲を乗り越えて中国のゲーム市場へ切り込むことはたやすいことではありません。

しかし難局を乗り越え、中国人のニーズを満たすことができれば、日本発のゲームが大きく花開く可能性があるでしょう。今回のポケモンユナイトの発売は、中国のゲーム市場における大きな転換点となる可能性があります。

ゲームの人気拡大に伴い、キャラクターへの愛着も形成されると考えられます。コラボカフェなどのイベント等を通して、訪日旅行時の購買意欲喚起に役立てるような施策も、今後ますます重要になるかもしれません。


<参照>

共同通信:中国でニンテンドースイッチ発売

Engadget 日本版:新作『ポケモンUnite』発表、テンセント発の5on5戦略チームバトル

36Kr Japan:ゲーム史上最も売れた「王者栄耀(伝説対決)」制作者が明かす 「ゲーム作りがAIで進化する」

HYPEBEAST:中国版 Nintendo Switch でプレーできるのは僅か3タイトルのみに

毎日新聞:中国狙いポケモンゲーム発売へ IT大手テンセントと共同開発 スイッチとスマホに配信

ねとらぼ:トレンドに急浮上した「MOBA」とは? その意味と広がり方を解説

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!