クライアントのステージに合わせたEC事業展開をサポート!ワンドット株式会社による中国越境ECサービス

公開日:2020年09月11日

新型コロナウイルスの影響から日本を訪れる外国人観光客は大幅に減少しています。そのような影響を受け、今まで訪日観光客から人気であった商品を越境ECという形で販売をしようと考えている方も多いでしょう。

しかし越境ECを始めようにも出店モールの選定、物流の手配など手間やコストがかかり、自分たちだけで始めるにはハードルが高くどうすればいいのか途方に暮れてしまう方もいるはずです。

そこで今回はそのそのような方のために、ワンドット株式会社による中国への越境EC事業展開のサポートをご紹介します。

中国越境EC戦略の資料をDL

※資料請求には無料の会員登録が必要です

中国越境EC戦略の詳細はこちら

メディア事業で培った知見を活用しマーケティングサポート

ワンドット株式会社は中国の育児動画メディア「贝贝粒 (Babily)」の運営を行っています。2017年にSNS上で運営を開始してから2年間でフォロワー数は1,500万人にも上り、現在は中国最大手の育児動画メディアへと成長しました。

マーケティング・サービスではその中国育児家庭向けの先端的なメディアで培った事業知見とノウハウを活用し、デジタルマーケティング領域をトータルサポートします。

そのマーケティング領域の支援施策の内に「Tmall・JDなどのPF旗艦店代理運営」「 EC内外のpromotion実施」などのEC運営が挙げられます。

EC運営の統括によるマーケティング統合管理

越境ECを始めるにあたっては、深いブランドの理解に基づいた上でのマーケティング・オペレーションを統括するパートナーが必要となります。しかし実際は安心できるパートナーの選定が難しい、オペレーションが煩雑である、ブランドが毀損されないか、といった課題に直面してしまうでしょう。

課題に応じたTmallパートナー企業を選定

ワンドットでは五星服務商と呼ばれるTmallパートナー企業の中でもトップレベルの企業複数社とパートナーシップを締結し、比較した上でクライアントの抱える課題に最適な企業を選定します。

さらに、EC運営会社へのディレクションの代行も行います。TmallだけでなくJD.comなどチャネル横断分析によりマーケティングの次の打ち手をご提案することも可能となり、クライアントの工数も劇的に削減されます。

自社チャネル構築とグロース支援

消費者に対して直接商品を販売する「D2C(Direct to Customer)」というビジネスモデルが最近は潮流となっています。D2Cでは販売手数料などチャネルコストがかからないため、よりコストを抑えて商品を販売することが可能となります。

WeChatミニプログラムを活用した自社チャネル構築

中国ではWeChatミニプログラムを利用して簡易に店舗を開設することができ、D2Cビジネスを行うことが可能です。そこでワンドットでは、WeChat ミニプログラムを活用した自社直販モデルの構築をサポートを行います。さらに、TmallやJDなどチャネルの購入者をWeChat Socianl Groupに誘引することでリピートを促進したり、簡易なCRMを構築することが可能となります。

WeChat Social Groupにより顧客の囲い込み

さらにWeChat Social Groupを活用することで、簡易なCRMを構築することができます。WeChat Social GroupとはWeChatのグループ機能を使用したコミュニティのことで、既存顧客とパーソナライズドコミュニケーションをとることができ、リピーター率を向上させることが可能です。TmallやJDなど各チャネルでの購入者を誘引し、WeChat Shopなど利益率の高いチャネルへ誘導することもできます。

物流DXによる越境コスト・工数削減

越境ECの物流委託先選定に関して、付き合いや事情論が絡むことから自社対応となると物流の専門家が不在であったり、アナログであったりとコストや手間がかさんでしまいます。このような課題を解消するため、ワンドットではパートナーのオープンロジが提供するサービスを活用できます。

提携物流業社により合理化へ

オープンロジなど提携物流業社に委託をすることにより、物流会社の統合管理や人件費などの圧縮が可能となり、物流業務のDX・合理化を実現できます。そして削減できたコストをマーケティングへと投資していただき、収益の拡大を目指すことが可能となります。

ワンドットとオープンロジの役割分担としては、各種分析、戦略立案、コンテンツ企画・製作、マーケティング支援はワンドットが、入荷、在庫保管・管理、出荷代行、痛感、現地個配はオープンロジが担います。

マーケティングサポートを利用してスムーズな越境EC運用を

海外からの日本への入国制限は続いており、インバウンド需要の回復にはまだ時間がかかりそうです。

しかしながら実際に現地へ訪れることができないことから、中国への越境ECは需要が拡大しており、2020年上半期の中国における越境EC管理システムを経由して通関した輸出入商品は26.2%の増加となりました。このことから、この状況下でも越境ECに活路を見出すことはできるでしょう。

販路決定から現地発送までコストを抑え、かつスムーズに行うことを希望する方にとって、ワンドットのサービスが強い味方となるでしょう。

中国越境EC戦略の資料をDL

※資料請求には無料の会員登録が必要です

中国越境EC戦略の詳細はこちら


関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!