外国人観光客の入国、オリンピックに向け本格検討 4月再開の可能性も…インバウンド向けコロナ対策案は?

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

10月3日、日本政府は来年夏に開催される東京オリンピックに向け、訪日外国人観光客の入国解禁について、本格的に検討し始めたことがわかりました。

インバウンド向けの新型コロナウイルス対策案についても詳細が一部示されました。


「観光客」の入国について、初の本格検討へ

日本政府は来年夏に延期された東京オリンピック・パラリンピックの開催に向け、訪日外国人観光客の受け入れ再開をめぐり、本格的な検討を始めました。

これまでは企業の駐在員や技能実習生などビジネス上の長期滞在者を中心に往来再開の交渉をしてきましたが、訪日外国人観光客を含めた入国への本格的な議論は初となります。

訪日外国人観光客の受け入れ再開にあたって、政府は訪日外国人観光客の入国・滞在・出国のプロセスを「ジャーニー」と称し、各段階において具体的な新型コロナウイルス対策案が検討されています。

アプリによる健康管理や専用の「発熱センター」設置を検討

この対策案によると、まず、訪日外国人観光客は各国でビザを取得する際に、健康管理アプリのダウンロードが求められています。

そして、渡航前にPCR検査陰性証明書を提出することや、日本滞在中に新型コロナウイルスに感染した場合に備えて民間医療保険に加入することなどを義務付ける方針です。

上記の渡航前の条件を満たした上で、入国時の検査で陰性が確認されれば、オリンピック観戦などが可能となります。入国後14日間は健康管理アプリで健康状況を報告することが求められますが、ホテルなどの待機は免除される方針です。

仮に訪日外国人観光客が入国したあとに発熱した場合に備え、各自治体の保健所に負担を与えないよう、国が「発熱健康相談サポートセンター(仮称)」を設置して対応する案が有力視されています。

現時点では、日本政府は2021年1月までに対応策を取りまとめ、早ければ2021年4月から訪日外国人観光客の受け入れを試験的に再開する方針を示しています。受け入れ規模については、今後国内外の新型コロナウイルス感染状況を見極めつつ検討していくとしています。

なお、この新型コロナウイルス対策案は東京オリンピック後も残し、インバウンド市場の回復につなげることを目指します。

【速報】全世界から入国再開へ 来月1日から条件付きで:菅首相が表明、コロナ対策本部にて

菅首相は本日開かれた新型コロナウイルス感染症対策本部の会合を開き、来週となる10月1日から全世界からの入国を一部条件つきで再開すると表明しました。目次中長期の滞在者への入国条件を緩和、観光客は除く中長期の滞在者への入国条件を緩和、観光客は除く菅首相は、「世界各国地域からの新規入国について、一定の要件を課したうえで順次認める」とし、この措置について「10月1日から実施する」とも述べ、来週には観光客を除く中長期の滞在者の受け入れを再開することを決めました。これまでは、ビジネスにおける長期滞在者...

全世界からの入国解禁へ、10月から:一日1000人、中韓台などは更に追加枠も 観光客除く

日本政府は10月初めに、全世界からの入国を一部解禁する方向で調整を進めていることがわかりました。関連記事台湾とのビジネス往来再開 8日から:中韓より先行 東アジアでは初目次10月初め、全世界からの入国を一部再開へ10月初め、全世界からの入国を一部再開へ一部の報道によると、日本政府は10月初めに、全世界からの入国を一部再開する方針で調整しているといいます。現在日本政府が入国制限対象としているのは、世界の159カ国・地域となっており、これらの国・地域で過去2週間滞在歴のある外国人は原則入国を拒...

2021年度の観光庁予算要求、前年比33%減の460億に:DX推進、ワーケーションなど「新旅行スタイル」検討

観光庁は、9月25日に2021年度予算の概算要求を公表しました。2021年度の概算要求では、総額460億5,700万円を要求しており、2020年度の予算額と比べると33%減となっています。一方、インバウンドの回復と「2030年6,000万人」の目標に向けて、前年度に引き続きプロモーションの強化や教育旅行・MICEの促進などを実施する方針です。さらに、新型コロナウイルス感染拡大を受け、2021年度において落ち込んだ観光産業を支援するための新しい3つの施策も提言しています。関連記事観光庁「20...

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

【2023年インバウンド最新動向を予測】国・地域別デジタルマーケティング戦略


2022年10月からついに入国者数の上限撤廃、短期滞在者のビザ免除等が実施され、訪日観光が本格的に再開されました。

未だ"完全回復"には至っていないものの、観光地によってはすでに多くの訪日外国人観光客が訪れているところもあり、「インバウンド対策」への関心が急速に高まっています。

では、今やるべきインバウンド対策とはなんでしょうか。そしてそれを国・地域別に見ると、どういった違いがあるのでしょうか。

インバウンド対策を何から始めたら良いか悩んでいる方や、インバウンドの最新動向を知りたい方向けに

  • 最新の訪日観光の状況や今後の予想
  • 国・地域別のデジタルマーケティング
  • 外国人向け情報発信の際に意識すべきこと

などがわかる資料を公開しています。

資料をダウンロードする(無料)

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!