住所、電話番号不要で目的地にたどり着ける「MAPCODE」とは?インバウンド向け対策にも期待

自動生成の「MAPCODE」をカーナビに入力

株式会社モバイルライフジャパン(以下、モバイルライフジャパン)が、提供している地域活性化ソーシャル地図サービス「Map Life」と、株式会社デンソーコミュニケーションズ(以下、デンソーコミュニケーションズ)の「MAPCODE」が業務提携したと、12月8日に発表しました。

インバウンドはもちろん、普段自動車をあまり使用しない人にとっては、カーナビ操作が難しく、目的地設定に戸惑ったり、操作に気をとられることにより事故が発生したりするケースがあります。

モバイルライフジャパンとデンソーコミュニケーションズの今回の業務提携により、写真・地図・記事を使ったソーシャル地図サービス「Map Life」にスポット登録する際、住所や電話番号がない場所でも特定ができる「MAPCODE」を、自動的に付与できるようにしました。

Map Life

Map Life

レンタカーのスムーズなカーナビ利用で旅行機会を創出

レンタカーを利用して観光するインバウンドが年々増加傾向にありましたが、新型コロナウイルスの影響により、その数が大幅に減少しました。しかし、終息後を見据えたインバウンド対策の必要が高まってきています。

Map Lifeは気になるスポットなどを地図上に登録してマップを作成。マップ機能だけでなく、「自分がいつ・どこで・何をしていたのか」を記録することが可能。5か国語に対応しており、スマートフォンやデジタルサイネージなど、マルチデバイスで世界中の人に情報配信ができます。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

▼外部リンク

株式会社モバイルライフジャパン プレスリリース
https://www.mobilelifejapan.co.jp/news/index.html#news067

株式会社モバイルライフジャパンのプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000061698.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。