無料・商用利用可、日本文化を伝えるピクトグラム「EXPERIENCE JAPAN PICTOGRAMS」が公開

日本観光の魅力的な体験を、デザインの観点から支援するためのピクトグラム「EXPERIENCE JAPAN PICTOGRAMS」が開発されました。

日本デザインセンターが企画と制作を手がけ、大黒大悟氏がアートディレクションを担当しました。

すべて無償公開で、商用利用も可能ということです。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

日本の文化をシンプルに伝えるピクトグラムが開発

「EXPERIENCE JAPAN PICTOGRAMS」のピクトグラムは、日本の観光体験をデザインで支えるために開発されました。

その開発にはどのような想いが込められているのでしょうか。

どの人が見ても「今の日本」が理解できるピクトグラム

「EXPERIENCE JAPAN PICTOGRAMS」のピクトグラムは、シンプルでわかりやすい造形を意識しています。

「二度目の日本」をキーワードに、従来のピクトグラムよりも日本の体験を一歩深く掘り下げており、独自性あるラインアップが特徴的です。

また大半のピクトグラムは、テキストとセットとなっており、日本が紡いできたストーリーの一端に触れ、日本をより深く知ってもらう狙いがあります。

独自性、普遍性、柔軟性の3つの指標をもとにデザイン開発を行い、紙やスクリーン、屋外サインなど、さまざまな媒体で美しく機能することを前提としています。

明暗反転や多色にも対応可能で、幅広い用途に使用可能です。

ピクトグラムの種類について

「EXPERIENCE JAPAN PICTOGRAMS」のピクトグラムの一部をご紹介します。

富士山や伏見稲荷大社など、日本の名所が多数取り揃えられています。

▲富士山のピクトグラム:EXPERIENCE JAPAN PICTOGRAMS
▲富士山のピクトグラム:EXPERIENCE JAPAN PICTOGRAMS


▲伏見稲荷大社のピクトグラム:EXPERIENCE JAPAN PICTOGRAMS
▲伏見稲荷大社のピクトグラム:EXPERIENCE JAPAN PICTOGRAMS

さらに日本の国技「相撲」のピクトグラムなどもあります。

▲伏見稲荷大社のピクトグラム:EXPERIENCE JAPAN PICTOGRAMS
▲伏見稲荷大社のピクトグラム:EXPERIENCE JAPAN PICTOGRAMS

このほかにも、ラーメンや歌舞伎、座禅など、さまざまなタイプやジャンルのピクトグラムがあります。

観光に関するサービスで幅広く使用可能

「EXPERIENCE JAPAN PICTOGRAMS」のピクトグラムは、観光マップや施設サイン、LINEトーク、観光案内サイト、レストランなど観光に関するサービスで幅広く使用することができます。

全て無料で使用でき、商用利用可能

「EXPERIENCE JAPAN PICTOGRAMS」のピクトグラムは、すべて無料で使用でき、商用利用も可能となっています。

その利用規約と、SNSでの拡散方法について、ご説明します。

利用規約 

「EXPERIENCE JAPAN PICTOGRAMS」のピクトグラムは、公序良俗に適した内容で使用可能であり、素材の形状の改変や再配布、ロゴ、商標、サービスマークの一部として利用することは禁止されています。

色の変更は可能であり、また希望するピクトグラムの依頼も可能となっています。

規約の範囲内であれば、個人、法人、商用、非商用を問わず無料で利用できますが、「EXPERIENCE JAPAN PICTOGRAMS」公式のテキストや写真は除くとされています。

使用にあたっての連絡は不要ですが、事前の連絡なく参考事例としてWebサイト等に紹介・掲載される可能性があります。

利用した際にはSNSで拡散を

世界中のより多くの人に使ってもらうため、ピクトグラムをSNS上で拡散することが推奨されています。

ピクトグラムの実際の使用シーンや使ってみた感想を、「#ExperienceJapanPictograms」「#japanpict」「#ejp」などのハッシュタグを付けて、投稿してほしいとしています。

LINEスタンプも用意されており、身近な人への拡散を呼びかけています。

ピクトグラムを活用で受け入れ環境の整備を

観光庁が行った調査では、訪日外国人が訪日旅行中に困ったことの上位5位に、観光案内板や地図などの「多言語表示の少なさ・わかりにくさ」が挙げられています。

言葉の壁をなくすことの重要性は今後も変わらないと考えられ、ピクトグラムのような便利なツールを積極的に活用していくと効果的でしょう。

このようなピクトグラムも活用して、自社のパンフレットや配布物の見直しや改善を進めてみるのも良いでしょう。

<参照>

EXPERIENCE JAPAN PICTOGRAMS:公式サイト

観光庁訪日外国人が旅行中に困ったこと、受入環境整備の課題が明らかになりました ~受入環境について訪日外国人旅行者にアンケート調査を実施~

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!