今年の春節、移動客数は16億人 観光収入は前年比8.6%増「2021年春節 中国旅⾏市場最新動向」調査

市場全体動向・旅行者の属性・市場の特徴を紹介

ENtrance株式会社が、一般社団法人日中ツーリズムビジネス協会とともに2月25日、中国政府網・汇客云数据平台データに基づいて、「2021年春節 中国旅行市場最新動向」についての調査レポートを公開したと、3月5日に発表しました。

同調査レポートは3部構成となっており、第1部では2021年春節旅行市場全体動向、第2部では2021年春節旅行者の属性、第3部では2021年春節市場の特徴を紹介しています。

2021年春節期間中の「春運」延べ移動客数は、前年比で増加したものの、2019年比では40%も減少しました。

しかし一方で観光収入は前年比8.2%増加したほか、春節の小売飲食のオンラインキャンペーンでは前年比48.5%も増加したという結果もでています。

2021年春節旅行市場全体動向 プレスリリースより
▲2021年春節旅行市場全体動向:プレスリリースより

チケット予約数が前年同時期比で300%以上も増加

観光スポット予約状況は元日にあたる2月12日が予約のピークとなるなど、前年春節時期と比較して、観光施設のチケット予約数が300%以上も増加したことも、携程(Ctrip)のデータから分かっています。

また、春節期間中の中国国内ホテル全体の平均稼働率はおよそ50%、2月13日から15日がピークとなり、宿泊料金の平均が過去2か月と比較して1泊およそ5%増加しました。

中国大手OTAのTuniuのデータによれば、25歳から35歳の春節旅行者が全体の45%を占め、36歳から45歳が26%、46歳から55歳が10%などと続いたことも分かりました。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ENtrance株式会社
https://entrance-co.com/

ENtrance株式会社のプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000049765.html

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる


関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。