【日本百貨店協会】2021年1月の免税総売上高39.9億円、購買客数は5か月ぶりに1万人を超える

2月25日、日本百貨店協会・インバウンド推進委員会は、2021年1月免税売上高・来店動向の速報を発表しました。

1月の訪日外客数は前年同月⽐98.3%減となる46,500⼈で、16か月連続で前年同月を下回りました。

背景には12月16日に全ての国・地域からの新規入国が一時的に停止されたほか、2021年1月13日からは、ビジネストラック・レジデンストラックも中止となっていることなどが考えられます。

1月の免税総売上高と購買客数は12か月連続でマイナスとなり、厳しい状況が続いています。

関連記事
免税総売り上げ高・来店動向2020年12月

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

2021年1月の免税総売り上げ高は約39.9 億円:前年比87.4%減

2021年1月の免税総売上高は約39.9億円で、前年同月比87.4%減となりました。

一般物品売上高は約27億円で前年同月比86.6%減となり、消耗品売上高(化粧品、食料品等) は約12.9億円で前年同月比88.9%減となっています。

▲免税総売上高の推移:訪日ラボ作成
▲免税総売上高の推移:訪日ラボ作成

購買客数は約1.1万人で前年同月比97.4%減となるも、2020年8月以来5か月ぶりに1万人を超えました。

▲免税購買客数の推移:訪日ラボ作成
▲免税購買客数の推移:訪日ラボ作成

訪日観光客数は前月より微減したものの、免税総売上・購買客数は前月より微増しています。

化粧品・ハイエンドブランドの人気継続、中国から購入1位が続く

1月の人気商品群としては、1位が化粧品となり、次いでハイエンドブランド、婦人服飾雑貨、食料品、子供服・洋品が続きました。

免税手続きカウンターの来店国別順位は、1位が中国本土、次いで台湾、香港、韓国、マレーシア、タイ、シンガポールと続いています。

化粧品やハイエンドブランドの人気が根強く、国別順位も中国が1位の状況が続いています。

今後の展望:緊急事態宣言延長で入国制限継続

2020年12月下旬まで、入国制限が緩和されていたものの、12月28日に全ての国・地域からの新規入国が一時的に停止されました。

2021年1月13日からは、ビジネストラック・レジデンストラックも中止となっており、緊急事態宣言が解除されてもこの措置は続く予定となっています。

免税の売上については新型コロナウイルスの感染拡大以降、一人当たりの購入額が前年同月比を上回る傾向が続いており、2020年11月には前年同月比約500%、2020年12月は430%、2021年1月は378%となっています。

関連記事
11月の免税売上26億まで回復:一人あたりの購入単価は500%増加

<参照>

日本百貨店協会:2021年1月免税売上高・来店動向【速報】

外務省:国際的な人の往来再開に向けた段階的措置について

朝日新聞デジタル:宣言解除でも水際対策は継続 中韓ビジネス往来停止など

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!