城西国際大学が2021年度の観光経営人材育成講座を開講 「テクノロジーおよび外国人材の活用」に焦点

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

観光業や観光事業者は依然として厳しい状況にあり、企業経営や関連する地域と産業を維持、発展させていくためにも、これまで以上の創意工夫が求められています。

アフターコロナの観光には、外国人を含む人材の確保・育成などの課題が残っており、これには今後を見据えた人材の獲得、育成への備えなどが問われます。

同時に、最先端テクノロジーの活用や社会のデジタルトランスフォーメーションDX)の急速な発展も起こっており、観光のあり方自体が大きな転換点に立っています。

観光業はウィズ・アフターコロナ時代を生き抜くための術も模索していく必要があるでしょう。

そこで、城西国際大学は、業界の有識者らを迎え、「テクノロジーおよび外国人材の活用」にフォーカスしながら、参加者の皆さん方と共に新しい時代の観光を展望・構想する全16回の機会を提供し、それらの課題について考えていきます。

皆さまの積極的なご参加をお待ちしています。

※本記事は城西国際大学様のPR記事です。


城西国際大学、新時代の観光に備えた人財育成講座を開講

2019年度に「大学等と連携した観光経営人材育成事業」の連携大学に選定された城西国際大学は、2021年7月から2021年度の観光経営人材育成講座を開講します。

全16回にわたる講座を通して、「テクノロジーおよび外国人材の活用」にフォーカスしながら、新しい時代の観光を展望、構想する機会を提供します。

東京都「大学等と連携した観光経営人材育成事業」とは

「大学等と連携した観光経営人材育成事業」とは、東京都が観光関連事業者の経営力向上のために実施している事業です。

観光産業の活性化につなげることを目的に、経営の視点からサービス提供ができる人材の輩出につなげるなど、大学等と連携して、観光関連事業に従事する者等に向けた新たな教育プログラムの開発等の支援を行っています。

城西国際大学(JIU)は、2019年度東京都が実施する「大学等と連携した観光経営人材育成事業」の連携大学として選定され、本年度はその3年度目(最終年度)を迎えました。

本学大学院国際アドミニストレーション研究科が本講座を担当し、外国人材との連携を見据えた高度観光経営人材の育成等を目的とする教育プログラムの開発を行っています。

講座概要

  • 開催方法:Zoomによるオンライン講座(状況により対面)、1講義90分程度(グループワーク除く)
  • 対象者:東京都内に在住または在勤している観光関連事業等に従事(予定を含む)している方 
        ※各期8講座のうち5講座以上、または全16講座のうち10講座以上に参加可能な方
  • 受講料:無料 
  • 定員:各期25名程度 (定員に達し次第、受付終了)
  • 申込期間:〈前期〉第1講座~第8講座:2021年6月21日(月)~7月2日(金)
         〈後期〉第9講座~第16講座:2021年8月1日~9月3日(金)

申込方法

メール(admi-tokyo@jiu.ac.jp)に以下を記載してお送りください。 

  • [件名:(氏名)講座受講申込]
  • [本文: 1.氏名(ふりがな)2.会社・部署名 3.役職 4.住所 5.電話番号 6.受講申込理由 7.講座に期待すること(任意)]
    ※お預かりした個人情報は、本事業に係わる連絡やご案内のみに使用いたします。

【お問い合わせ先】 
城西国際大学大学院国際アドミニストレーション研究科
観光経営人材育成講座事務局 担当 admi-tokyo@jiu.ac.jp

講座内容

〔第1講座〕7月9日(金)13:00-14:30
【トークセッション】五輪後の観光政策と新時代の展望
世界的イベントである東京五輪後の観光政策の方向性とそれを取り巻く環境、外国人材の活用を展望する。

〔第2講座〕7月17日(土)10:00-11:30
【世界のDMO コロナ禍での取り組み】
コロナ禍における世界各地のDMO(Destination Management/ Marketing Organization)の先進的な取り組みを紹介する。

〔第3講座〕7月17日(土)11:45-13:15
【世界の航空輸送見通しとインバウンド】
インバウンドが再び活発化し、外国人が日本をにぎわすのはいつになるのか。世界の航空業界の動向、政府支援の動向とともに、日本のインバウンドの見通しにつながる話題を提供する

〔第4講座〕7月31日(土) 10:00-11:30
【外国人材活用・中国人観光客の視点】
今後も多くの訪日が見込まれる中国人観光客に対する戦略について留学生の視点から紹介する。

〔第5講座〕7月31日(土) 11:45-13:15
【外国人材育成と日本語】
今後の観光の発展で重要だと考えられる外国人材。定着のための研修成功事例をもとに彼らの「おもてなし」向上を探る。


〔第6/7/8講座〕8月28日(土)10:00‐13:00

【グループワーク】観光経営とデータサイエンス
さまざまなデータ分析のケースやグループワークを通じて今日から使える観光経営データ分析を実践する。

〔第9講座〕9月18日(土) 10:00-11:30

【トークセッション】観光DX
デジタル技術の活用等による新たな観光産業の確立に向けた取り組み、観光関連企業の持続性を高める方策や取組について紹介し、将来を展望する。

〔第10講座〕9月18日(土) 11:45-13:15
【外国人材を活かしたSNS戦略】
外国人の視点を生かしてSNS集客に成功した事例を通して、知名度が低くとも世界にリーチするためのポイントを学ぶ。

〔第11講座〕10月30日(土) 10:00-11:30
【スマートシティの動向と今後のまちづくり】
政府が進めるスマートシティの動向やポストコロナにおける都市計画について、観光まちづくりの視点から理解を深める。

〔第12講座〕10月30日(土) 11:45-13:15
MaaS
コロナ禍でさらに進展するDX化。観光で最注目は観光型MaaS。その成果について解説する。

〔第13/14/15講座〕11月23日(火/祝)10:00-13:00
【グループワーク】「観光オムニバスの提案」
アフターコロナにおいて、リアル旅行を後押しするバーチャル観光やリアル旅行がバーチャル観光を後押しする新しい観光のあり方を考察し、観光ビジネスの再生シナリオをグループごとに検討し発表する。

〔第16講座〕12月18日(土)10:00-11:30
【シンポジウム】
ウィズコロナアフターコロナの新しい時代の観光業界における外国人材の活用およびテクノロジーの活用等について展望する。

※状況により日程・講義内容・開催方法は変更の可能性があります。

講座内容は、以下のパンフレットからもご確認いただけます。

城西国際大学:観光経営人材育成講座パンフレット(表面)
城西国際大学:観光経営人材育成講座パンフレット(裏面)

お問い合わせ先

城西国際大学大学院国際アドミニストレーション研究科
観光経営人材育成講座事務局 担当 admi-tokyo@jiu.ac.jp

【2023年インバウンド最新動向を予測】国・地域別デジタルマーケティング戦略


2022年10月からついに入国者数の上限撤廃、短期滞在者のビザ免除等が実施され、訪日観光が本格的に再開されました。

未だ"完全回復"には至っていないものの、観光地によってはすでに多くの訪日外国人観光客が訪れているところもあり、「インバウンド対策」への関心が急速に高まっています。

では、今やるべきインバウンド対策とはなんでしょうか。そしてそれを国・地域別に見ると、どういった違いがあるのでしょうか。

インバウンド対策を何から始めたら良いか悩んでいる方や、インバウンドの最新動向を知りたい方向けに

  • 最新の訪日観光の状況や今後の予想
  • 国・地域別のデジタルマーケティング
  • 外国人向け情報発信の際に意識すべきこと

などがわかる資料を公開しています。

資料をダウンロードする(無料)

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部PR

訪日ラボ編集部PR

訪日ラボ編集部が企業のインバウンド対策向けのサービス、訪日外国人観光客向けのソリューションや商品をご紹介。PR記事だからこそ、インバウンド事業に取り組む企業の事例や、その背景にあるインバウンド情報を、しっかりとわかりやすくお届けします!