はとバスの東京観光利用者数、2018年度・2019年度比大幅減、オンラインツアーの計画で需要回復を狙う

株式会社はとバスが7月13日に発表したプレスリリースによると、2020年度(はとバス会計年度2020年7月1日~2021 年6 月30日)の東京観光利用者数は48,825名となりました。

インバウンド向けの外国語コースについては、新型コロナウイルス感染拡大により世界各国で出入国制限が実施されている環境に置かれているため、2020年4月以降、同コースの発表、運行を取りやめています。

利用者数は2019年度比88.7%減、2018年度比では93.7%減という結果に

2020年度の東京観光利用者数は48,825名となり、2019年度比で11.3%(88.7%減)、新型コロナウイルス感染拡大前の2018年度比で6.3%(93.7%減)という結果となりました。

2020年7月から9月は1度目の緊急事態宣言が明けましたが、「Go To トラベル事業」の東京都を目的とした利用と都民の対象が除外されたことにより、東京観光の需要回復には至りませんでした。

同年10月から11月には、「Go To トラベル事業」の東京都を目的とした利用と都民の対象が追加され、観光産業の回復と東京観光への都民のニーズに応えるため「もっと楽しもう!TokyoTokyo」の運用をスタートしました。対象コースへの問い合わせ、予約が急増し利用者数は年内で最多を記録しましたが、2018年度比で89%減(10月)、79%減(11月)にとどまりました。

同年12月には、新型コロナウイルス感染の再拡大や都内観光促進事業が取りやめ(コースのキャンセル料は国が負担)となったことで、年末年始期間の利用は停滞しました。

はとバス 東京観光 利用者数
▲東京観光利用者数:株式会社はとバスプレスリリースより

2021年1月以降の動向は?

翌年1月から3月と4月から6月にかけて発令された緊急事態宣言においては全便運休となり、2020年度の運休日数は延べ139日となりました。

また、2度目の緊急事態宣言が明けた3月の運行再開時には日本語でのコースを3月22日より順次再開する運びとなり、東京の桜の名所をたどるコースを中心に需要が伸びましたが、2018年度比では7.2%(92.8%減)となりました。

需要回復に向けて2021年度の対策にオンラインツアーを計画

株式会社はとバスのプレスリリースによると、2021年度は新型コロナウイルスのワクチン接種が進むことによる、国内の旅行マインドの上昇を見込むとしています。

2021年7月31日には、はとバスでは初となるオンラインツアーを計画しています。

気軽に旅行を楽しむことが難しくなっている現在、はとバスが行っている「プロのバスガイドによる東京観光」をオンラインならではの視点から、中継(一部収録映像)をつないで行うものです。

コロナ禍で3密を回避する新たな旅行のスタイルとして注目を集めるオンラインツアーは、東京観光への需要回復を図るとともに、7月6日には夏コースの第2弾も発表されており2021年度の利用者数の増加に期待がかかります。

関連記事:2018年度の外客コース利用者数7万超!はとバスが2018年度の東京観光利用者数を発表

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>

株式会社はとバス公式HP:プレスリリース

公益財団法人東京観光財団:都内観光促進事業の令和2年12月18日から令和3年1月11日までに出発する旅行の取扱いについて

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!