マカオ、6月のインバウンド旅客者数は52.9万人 前年比20.2%増

マカオ政府統計調査局は、マカオの6月のインバウンド旅客者数は52.9万人だと発表しました。

新型コロナウイルスの再流行により前月比で39.0%減となりました。

5月から減少、広東省での水際対策強化が要因か

2021年5月のインバウンド旅客者数は約86.6万人で2020年の新型コロナウイルスの蔓延による大幅な打撃を受けて以降、最多となっていました。

その5月のインバウンド旅行者のうち91.8%を占めていたのが中国からのインバウンドでした。

しかし、5月末に広東省での感染再拡大が起こったため、前年と比べて

中国からのインバウンド旅客者数の全体が

5月86.6万人→6月47.1万人

中国からの1日あたりのインバウンド旅客者数の最大が

5月1日の4万2千人→6月4日の2万2千人

に大幅に減少していることから、2021年5月から6月にかけて全体のインバウンド旅客者数が減っていることが推測されます。

今年上半期のマカオへのインバウンド旅行者数は前年比20.2%増

前年の上半期と比べるとインバウンド旅行者は増えています。

2020年の上半期のマカオへのインバウンド旅行者数は3,268,900人に対して、2021年の上半期のマカオへのインバウンド旅行者数は3,927.829人と、前年比20.2%増加しています。

インバウンド対策にお困りですか?

「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
マカオ政府統計調査局:時間序列資料庫

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!