五輪期間に東京のホテル稼働率が17カ月ぶりの最高値を記録。開会式前後は「GoTo」期間中の数値に迫る

オリンピック開催期間中、東京の月間ホテル稼働率が2020年2月以来の数値となったことがわかりました。2021年7月の稼働率は47.2%で、コロナ禍に突入して以降17カ月ぶりの最高値となったということです。

特に開会式前夜と当日は60%を超え、2020年に行われた「Go To トラベル」キャンペーン期間中のピーク時と同等の値になりました。

東京五輪、無観客開催でもホテル稼働率は増加

1年の延期を経て無観客開催となった東京五輪でしたが、同期間中、東京のホテルは約1年半ぶりに稼働率が上がったということです。

アメリカのデータ分析会社STRによれば、東京のホテルの2021年7月の月間稼働率は47.2%で、2020年2月以来、17か月ぶりとなる最高月間値を記録したことがわかりました。

その中でも、オリンピック開会式の前日と当日(7月22日と23日)の1日あたりの稼働率はそれぞれ60.5%と60.6%に達しました。

前回東京のホテルの1日当たりの稼働率が60%を超えたのは「GoTo トラベル」キャンペーンの実施期間中だった2020年11月21日だったため、約8か月ぶりの数値となりました。

東京のホテルの稼働率
▲東京のホテルの稼働率:STRプレスリリースより

引用:STRプレスリリース


なお、8月以降の、上記グラフで示されていないデータについては、オリンピックの開催期間中に稼働率が低下したとのことです。

オリンピック閉会式当日(8月8日)は45.4%、翌日(8月9日)には29.2%に減少しました。

STRの事業開発マネージャー、櫻井しおり氏によれば、「ホテルにはメディア、スタッフ、そして選手村に宿泊しなかった多くのチームが収容されていたため、ホテルのパフォーマンスは大幅に向上しました」ということです。

同氏はまた「今回のオリンピックは、競技が無観客で行われたため通常とは明らかに異なっていました」ともコメントし、有観客開催だった場合はデータが大きく異なっていという予想も示唆しました。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
STR:STR: Olympics lifted Tokyo hotel occupancy to 17-month high

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!